HOME   »  
 | 

八王子城(16) ~ 高丸危険!

 八王子城の第16話です。

八王子東ラフ

 高丸を背に、小泉郭を目指します。

八王子城IMG_8971

 高丸を見下ろしました。

 「危険!」の看板を背にしての撮影です。

 高丸には遊歩道は整備されておらず・・・・

 遊歩道以外は遠慮してくださいの表示も各所にあり、高丸の踏査は自粛させていただきました。

八王子城IMG_8970

 マナーを守り、遊歩道を進みます。

八王子城IMG_8973

 小泉郭が見えてきました。

 この後面から小泉郭へ直接登る道は無く・・・

八王子城IMG_8974

 小泉郭の下をぐるりと迂回させられます。

 あの先、視界が開けていますね。

八王子城IMG_8975

 関東平野を見渡すことができます。

八王子要害

 このイメージ図ですと、「あ」の下あたりです。

 図の裏側から登って来たとご理解ください。

 「あ」の下の道を図の手前に進んでいくと・・・

 右側の斜面に切れ目があり・・・

八王子城IMG_8976

 「あ」への小口です。

 左右正面からの攻撃にさらされる、屈曲登りですね。

八王子城IMG_8977

 「あ」に至りました。

 城の中心部を最後に紹介したいこだわりから、次話は西堡塁へ飛びます。

 「八王子城第17話・尾根断絶」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」

八王子城(15) ~ 折坂防衛

 八王子城の第15話です。

八王子東ラフ

 柵門跡から、小泉郭へ登っていきます。

八王子城IMG_8963

 登り始めると、右手に高丸が見えてきます。

*高丸の守将は、中山家範でした。

八王子城IMG_8964

 高丸の手前は急斜面です。

 多くの前田勢がこの斜面にとりついたことでしょう。

*前田勢は小泉郭の塁壁へもとりついたため、中山家範は高丸を捨て、城の中心部へ移動したということです。

八王子城IMG_8965

 つづら折れの道を登っていきます。

八王子城IMG_8966

 表示はないですが、「あそこ」に門があったと思われます。

八王子城IMG_8967

 「あそこ」に近づいています。

八王子城IMG_8969

 「あそこ」に着きました。

 石積みで固められています。

 八王子城IMG_8968

 下を見下ろしました。

 急峻な地形です。

 つづら折れの道へ攻撃を仕掛けることができるようになっています。

 「八王子城第16話・高丸危険!」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」

八王子城(14) ~ 柵門跡

 八王子城の第14話です。

八王子東ラフ

 金子郭から、柵門跡を目指します。

八王子城IMG_8948

 金子郭を後にし、尾根筋を登っていきます。

八王子城IMG_8952

 このあたり、遊歩道設置のために段差が崩されたしまっているのではと感じました。

八王子城IMG_8954

 ここも右側の道は往時には無かったのではないかと思います。

 本来の城道は、「う」の左ではなかったかと・・・

八王子城IMG_8955

 「う」の左に来ました。

 「う」からの攻撃にさらされながら、迂回を強いられるルートです。

柵門

 多分の思い込みにより描かれていますので、割り引いてご覧ください。

八王子城IMG_8956

 柵門跡が見えてきました。

*金子郭を突破した前田利家勢がここに攻めかかったということです。

八王子城IMG_8957

 門を描いてみました。

八王子城IMG_8958

 名前の由来など詳しいことは不明ですと記されています。

 柵門があったからじゃないのでしょうか?と、ツッコミを入れさせていただきます。

八王子城IMG_8959

 この後、山王台へ・・・

 私の敬愛申し上げる真田昌幸先生が・・・

 御主殿から攻め登り、制圧したとされる山王台へ行きたかったのですが・・・・

 通行はご遠慮くださいの表示が・・・

八王子城IMG_8961

 「あ」に来ました。

 往時、北条の将兵がここで大軍を迎え撃ったのですね。

八王子城IMG_8962

 「あ」から「い」を見下ろしました。

 「い」には前田利家の軍勢が満ちていたのですね。

 「八王子城第15話・折坂防衛」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」

八王子城(13) ~ 金子郭

 八王子城の第13話です。

八王子東ラフ

 第14話は、管理棟から金子郭を目指します。

八王子城IMG_8937

 八王子城跡自然公園の表示があります。

 本郭への遊歩道の起点です。

八王子城IMG_8938

 少々登ると、アシダ郭が見えますが、立ち入り禁止です。

*前田利家の軍勢は、アシダ郭を制圧すると、金子郭を目指したということです。

八王子城IMG_8939

 尾根筋を登っていきます。

 左側に切岸が現れました。

 更に登っていくと・・・

八王子城IMG_8940

 小さな段々が延年と続きます。

八王子城IMG_8941

 段差が大きくなってきました。

 馬蹄段郭群です。

金子郭

 前田勢は馬蹄段郭群からの攻撃を受け、大きな被害を出し、一時、撤退を余儀なくされたということです。

八王子城IMG_8942

 金子郭が見えてきました。

八王子城IMG_8945

 金子郭に至りました。

 数十名で守る規模ですね。

八王子城IMG_8947

 尾根筋の遊歩道を登ってきましたが、往時は「い」の横入小口が城道であったと思われます。

八王子城IMG_8946

 金子氏は、JR八高線金子駅周辺を地盤とした豪族ですね。

 体制を立て直し、再度、攻め寄せた前田利家勢により、金子郭は陥落し、金子家重は討ち死にしたということです。

 「八王子城第14話・柵門跡」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」

八王子城(12) ~ 屋外地形模型

 八王子城の第12話です。

八王子東ラフ

 御主殿郭を後にし、管理棟に戻ってきました。

 撮影はしませんでしたが、トイレがきれいなのがうれしかったです。

八王子城IMG_8930

 管理棟の近くに「屋外地形模型」の表示があります。

八王子城IMG_8931

 大手方向から・・・

 最初に掲載したイメージ図は、この写真を見ながら描きました。

八王子城IMG_8932

 手前の尾根は、上杉景勝が攻め登った太鼓郭ですね。

八王子城IMG_8933

 本郭から、西堡塁方向。

 直江兼続は搦め手で、北条勢に遭遇すると、対応を真田信之に任せ、自らは迂回して、写真中央から右上に続く谷を登り、本郭一番乗りを目指したということです。

 美味しくない仕事を他家の若者へ押し付け、いいとこ取りをしようという・・・

 戦国の世に生き残るためにはそれくらいの根性が必要なんでしょうね。

八王子城IMG_9089

 西堡塁方向から・・・

 表示では、詰の城とありますが、同意できません。

 その理由は後程・・・

八王子城IMG_9091

 本郭部分のアップです。

 城の踏査前と、踏査後にここで構造を確認すると、理解が深まりますね。

八王子城IMG_8935

 模型を後にし、沢にかかる橋を渡っていきます。

 「八王子城第13話・金子郭」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード