HOME   »  中世城郭
Category | 中世城郭

根岸城(3) ~ 騙し通路

 根岸城の第三話です。

IMG_3165_20170209150405850.jpg

 今度は城域の北端「F郭」の北側に立ち、城の中心方向を撮影しました。

 通路と小口があります。

 こちらが大手でしょうか?

IMG_3166_20170209150548833.jpg

 城の中心方向へ向かいます。

 二郭と三郭、二段階の高さからの、射撃にさらされます。

 IMG_3167_20170209150716707.jpg

 三郭の手前には堀切があり、攻城兵の行くてを阻みます。

a根岸図

 堀切の普請場所が絶妙ですね。

IMG_3168_20170209150950ba9.jpg

 堀切の底です。

IMG_3169.jpg

 大分埋まってしまっていますが、斜面には竪堀が刻まれ、攻城兵の迂回を阻止しています。

IMG_3173_201702091511369a7.jpg

 三郭から、「F郭」を振り返りました。

IMG_3171.jpg

 三郭の左奥に、通路がついていますが、これは「騙し通路」です。

 奥で行き止まりとなっており、立ち往生する攻城兵を、二郭から槍で突きます。

 「根岸城第4話・信玄焼き急造か?」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」

根岸城(2) ~ 横矢屈曲通路

 根岸城の第2話です。

IMG_3142_20170209144147590.jpg

 西郭の塁壁です。

IMG_3143_20170209144218fd3.jpg

 通路は、西郭に巻き付くように登っていきます。

 先を見通しにくくする通路設定です。

IMG_3144_20170209144322d0d.jpg

 視界が開けました。

 訪問前は、若干堀切っただけの、古い・・・工夫のない山城だろうと予想していましたが・・・

 この時点で、予想は大きく覆されました。

 右上の西郭からの側面攻撃と、奥の本郭からの正面攻撃。

 二方向からの攻撃にさらされ、更に奥で屈曲する構造!

 これは戦国期、北条の手が加わっていると読みました。
a根岸図


 基本、小規模で普請量は多くないのですが・・・

 最小限の普請で、小技を利かせています。

IMG_3145_20170209145038685.jpg

 更に進むと「B」からの攻撃も追加されるという、芸の細かさです。

IMG_3147_201702091451430ac.jpg

 「A」の小口です。

IMG_3148.jpg

 西郭は、なすびの様な形をしています。

IMG_3152.jpg

 西郭からの、本郭へ向かうには、写真の奥方向へ登っていきます。

IMG_3155_20170209145427f89.jpg

 本郭から、小口「A」付近にいらっしゃるМさんを撮影しました。

 かなり、高低差があることがわかります。

 「根岸城第3話・騙し通路」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」

根岸城(1) ~ 階段に次ぐ階段

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成29年1月28日、お城仲間のМさんと根岸城に行って参りました。

a根岸城

埼玉県秩父市下影森にあります。

 根岸城へアクセスするには、昭和電工様の工場の敷地内を通過する必要があります。

 必ず、入場ゲートで停車し「岩井堂へ行きたいのですが」と告げましょう。

 丁寧に、駐車スペースの場所を教えてくださいます。

IMG_3123.jpg

 1話目は、アクセスの説明で終わることを、あらかじめご了承ください。

 指示の場所に車を停め、谷底の道を数分進むと・・・

IMG_3124_20170209132815286.jpg

 左側にものすごく長い階段があります。

IMG_3126_20170209132911616.jpg

 ものすごく長い階段を登り切った先には・・・

 短い階段があり・・・ その先に岩井堂が見えてきます。

IMG_3132_20170209133046ad9.jpg

 岩井堂の裏に、ハイキングコースの表示があるので進みましょう。

IMG_3175_20170209133328f47.jpg

 尾根筋に出て、更に進むと、大仏座像があります。

 ありがたや、ありがたや。

IMG_3137_20170209133435374.jpg

 大仏の先には、何かの建物があり、建物脇の・・・

IMG_3138_201702091335317e5.jpg

 鉄製階段を下っていきます。

IMG_3139_20170209133600453.jpg

 結構落差があって怖い階段です。

IMG_3140.jpg

 階段の先のなだらかな尾根筋を登っていくと・・・

IMG_3141_20170209133711f36.jpg

 根岸城が見えてきました。

 「根岸城第2話・横矢屈曲通路」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」

小金城(2) ~ 残存障子堀

 小金城の最終話です。

IMG_4149_20170314124809b2a.jpg

 復元門を過ぎて進んでいくと、何か見えてきました。

IMG_4151_201703141248523f1.jpg

 発掘により障子堀が検出したということです。

IMG_4153_201703141249447b8.jpg

 これですね。

 堀と堀の間に、障子(隔てる土壁)があるので障子堀なのですが、堀ひとつだけだと障子を見学できませんね。

 残念。

IMG_4154.jpg

 階段を登っていきます。

IMG_4155_201703141251464bc.jpg

 広い郭に出ました。

IMG_4147_20170314114708801.jpg

 この図面を見ると、反対側にも遺構があるようです。

IMG_4163_20170314125305ed3.jpg

 反対側に下ると・・・ ありました。

IMG_4164_201703141253310f1.jpg

 畝堀ですね。

 こちらも、畝の部分は観察できません。

 遺構保護のため埋め戻したのでしょうか?

IMG_4158_20170314125453a93.jpg

 中央の広い郭に解説の石碑があります。

*戦国期になると千葉氏は、北条氏の傘下に入りました。

 高城氏も千葉氏に従い、北条の傘下に入りました。

 1566年、上杉謙信の軍勢に包囲されましたが、これを退けたということです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」


小金城(1) ~ 大谷口歴史公園

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成29年2月25日、お城仲間のМさんと小金城の一部「大谷口歴史公園」に行ってきました。

小金図

千葉県柏市大谷口179にあります。

 「大手」から西側(左)の台地全体が城域で、広大な城郭であったということです。

  市街化により、遺構はほぼ消滅してしまいましたが、外郭遺構の一部が発掘され、「大谷口歴史公園」として整備されているということです。

IMG_4142_2017031411421081f.jpg

 歴史公園の案内表示があります。

*小金城は、室町時代に、高城氏により築かれたそうです。

 高木氏は原氏の家臣で、原氏は千葉氏の家老であったということです。

IMG_4141_20170314114309219.jpg

 あの林のようです。

 行ってみましょう!

IMG_4143_201703141143487f3.jpg

 着きました。

 石の解説版に兜が載っているのが粋ですね。

IMG_4144_20170314114455b64.jpg

 立派な階段を登っていきます。

IMG_4145_2017031411455661a.jpg

 腰郭の跡でしょうか?

IMG_4146_20170314114618ecd.jpg

 復元門が設置されています。

IMG_4147_20170314114708801.jpg

 金杉口跡の解説版です。

 大谷口公園で・・・ 金杉口・・・ 混乱します・・・

 この図面を見ると、台地の先端に小口はありません。

 つまり、台地の左右が小口で、一方が大谷口で、もう一方が金杉口であるということでしょうか?

 「小金城第2話・残存障子堀」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」

プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード