FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  檜山城⑥ ~ 追加枡形

檜山城⑥ ~ 追加枡形

 檜山城の第6話です。

n 346

 本郭方面から、「E」の郭の塁壁を見ました。

n 350

 「E」の郭の奥には、枡形小口があります。

 関東の技法ですので、多賀谷氏の代に追加で設けられたのだと思います。

n 351

 枡形小口に入って行きます。

n 352

 小口の向こうは、空堀です。

 その先にも、遺構が多く現存しているそうですが、雨が激しくなり、ズボンはびちょびてょだし、終始何者かに見張られている感じがするので、ここまでにしておくことにしました。

de_20100912113133.jpg

 尾根が方々に派生していて、つまり、方々から攻め上ることが出来るので、守りやすい城ではないなと感じました。この城で半年も篭城できたなんて・・・

 敵もそれほどの大軍ではなかったのでは? と感じてしまいます。

n 348

 「E」の郭から見た、本郭の塁壁です。

n 358

 本郭です。

 城主の住まいを建てるのに充分な広さがあります。

n 259

 城下から見た、檜山城です。

 安東氏激動の歴史の証人ともいうべき城ですので、皆さんも一度足をお運びあれ。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード