FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  多賀谷氏館③ ~ 張り出しパラダイス

多賀谷氏館③ ~ 張り出しパラダイス

 多賀谷氏館の第3話です。

n 274

 囲裏門の脇の尾根は、段郭を伴って、下っていきます。

n 275

 その尾根から、南側を見た写真です。

 塁壁が湾曲し、その先が張り出しているのがわかりますでしょうか?

n 277

 今度は、南側から同じ地点を撮影しました。

 戦国期までの秋田の城館には、「張り出し」や「横矢」という縄張り思想が欠如していた為、多賀谷氏はあえて居館に、「張り出し」と「横矢」を多用し、先住民に対し、自らの先進性をアピールしようとしたのではないでしょうか?

de 001

 西側から見たイメージ図です。(前話までは、東側から見たものでした)

 張り出しパラダイスといっても差し支えないほどの、こだわりようです。

n 279

 居館には松を植え、庭園など造営したことでしょう。

n 281

 イメージ図、「本郭」と「馬たむろ」の間の腰郭は、お花畑になっていました。

 屈曲進入路へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード