FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  浪岡城④ ~ 内紛衰退

浪岡城④ ~ 内紛衰退

 浪岡城の第4話です。

 n 220

 ここで位置関係の確認を・・・

 前話では、北館から、「北館と西舘に間の帯郭」を内館方向に進み、木橋を渡って、「内館と西舘の間の帯郭」へ参りました。

n 210

 西館へ進みます。

 n 211

 西舘です。だだっ広いですね。

 広いということは、防御ラインが長い。防御ラインに多くの兵士を配置しなくてはならない。配置できなければ守れないということです。この城の弱点ですね。

 n 221

 さて、南部氏と緩やかな同盟を保ち、この地で強大な勢力を誇っていた北畠氏ですが・・・

 1562年、同族の川原御所の当主が、浪岡御所の当主を殺害するという、内訌が勃発! その後もゴタゴタハ続き、北畠氏は、急速にその求心力を低下させていきます。

n 212

 西舘から、内館を見ました。

n 213

 西館から、検校館を見ました。

 クドクテすみませんが、広いです。

 自落没落へ続く・・・

  ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード