FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  浄法寺城⑥ ~ 根城・浪岡城に匹敵

浄法寺城⑥ ~ 根城・浪岡城に匹敵

浄法寺城の最終話です。

iw_20100831202148.jpg

 浄法寺城の規模は、根城や浪岡城に匹敵します。根城や浪岡城が平城であるのに対し、浄法寺城は段階に囲まれ、防御性は数段上です。

 だのに、浄法寺城はあまり知られていません。

 郭がスベテ畑になってしまっているという点で、見劣りするからでありましょうか?

 しかし、巨堀が縦横にウネル様は、充分に観察できますので、お奨めの城ですよ!

n 177

 浄法寺城内に福蔵寺があります。場所的に考えて浄法寺氏による建立だと思われますが、福蔵寺と浄法寺氏との関連を示す、記録は残っていません。三戸南部氏により記録が抹消されたのだと思われます。
 歴史は勝者が作る。勝者の記録は信じてはいけない。

n 178

 福蔵寺に向かって右側から、寺ノ上館、大館へと続く道があります。

n 146

 大藪をかいくぐると、小口っぽくなっているところもあります。

n 147

 更にヤブと格闘すると、どうにか、先が見えてきました。

n 148

 大館、南側の堀底道に出ました。

 どうもヤブではない道もあったようです。(鹿角街道からの道がありました)

n 149

 大館東側の腰郭から、大館の塁壁を見ました。

 現状、この部分の防御性に疑問が残ります。腰郭と大館の間に若干の窪みがありますので、往時は深い堀と土塁があり、廃城の際に土塁を崩して、堀を埋めたのだと思われます。

n 150

 大館です。

 大館は、腰郭がめぐらされ、また、寺ノ上舘経由で明確な登城路が設けられ、新しい技法であることから、戦国期に入り、大館と寺ノ上館を増設し、大館を本郭としたのではないかと思われます。

n 166

 大館には、石碑も解説板もありません。サミシイデスネ・・・・

 解説版は、何故か、西館と寺ノ上館を区切る堀底道に設置してあります。

 浄法寺一族は400年前に離散し、三戸南部の者たちが入ったので、三戸南部の者たちは、浄法寺の城を大切にしようとする気持ちが無かったのでしょう。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード