FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長野県飯山城① ~ 謙信の橋頭堡

長野県飯山城① ~ 謙信の橋頭堡

 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。
 平成22年6月26日、山城の師匠「武蔵富岡」さんのご案内で飯田城に行ってきました。
 お城仲間のMさんと、若おじさんもご一緒です。

飯山アク

 長野県飯山市、飯山市役所の北約400メートルにあります。

n 072

 駐車場は、もう、城内のようです。この石垣は往時のものでしょうか?

n_20100807071250.jpg

 イメージ図を作成しました。現地配付資料掲載の江戸時代古図面を参考にしました。

 謙信の時代には、北側のみが陸続きで、残る三方向は、信濃川氾濫原の低湿地であったと思われます。

 駐車場は、西二丸のあたりです。

n 092

 石垣の上には移築された城門が設置されています。

 現地配付資料によりますと、飯山城は、元々は土豪泉氏の城であったそうです。

n 085

 飯山市のすぐ南の中野市に本拠を置いていた高梨氏が、武田信玄の圧迫に耐えきれずに、越後へ逃れ、上杉謙信を頼ると、謙信はこれに応じ、川中島の戦いが繰り返されます。

 謙信が出陣すると北信濃は上杉の勢力範囲となりますが、謙信が去ると信玄の手が伸びることの繰り返しで、最終的には飯山領以外は全て信玄の支配するところとなりました。

n 074

 西の丸には、写真左側の市民会館らしき建物があります。ここで、係りの方にお願いすると飯山城の資料をいただけます。

 写真の右側には塁壁が残存しています。

 武田領国の中に孤立する飯山領でしたが、謙信は決してここを手放そうとはしませんでした。飯山からは飯山街道が延び、その先には上杉の本拠、春日山城がありました。

 謙信は、本拠防衛の視点から、飯山領を死守したのです。

 謙信による本格的築城は1564年に開始されたとのことです。

 勝頼、信長、景勝争奪!へ、続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: タイトルなし
お師匠!
 東北遠征にてお返事が送れ、申し訳アリマセンデシタ。
 城坂城は、良い思いでです。有り難うございました。
 お師匠は、人脈が広いのですね。
 また、機会があれば、宜しくお願いします。

城坂城では苦労をお掛けしました。でも冬でも雑木は同じです。・・汗・・
 安中市に在住の富原道晴さんという大変な方に出会いました。中世城郭関西大学研究会の方で、小和田哲男氏、中井均氏などは仲間の付き合いをされており、中世城郭辞典などの著書をもつ人でした。機会があれば紹介します。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード