FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  仙当城② ~ 石垣のS字地獄

仙当城② ~ 石垣のS字地獄

 仙当城の第二話です。

n 007

 尾根が平坦なのは極僅かで、また、S字カーブが現れます。

 上杉謙信と武田信玄のシーソーゲームに翻弄され続けた市河氏ですが・・・
 1557年には、謙信の脅威が去り、市河氏は旧領を回復、安堵されています。

n 008

 加工された石が、規則性を持って、配置されているのが見て取れるでしょうか?

 1582年には、武田家が滅亡、市河氏は織田家に服属します。ところが直後に本能寺の変に織田信長が倒れると、上杉景勝がこの地に侵攻したため、市河氏はこれに従っています。

n 010

 途中に堀切がありますが堀底道となっていて、S字地獄の一環です。

  市河氏は、その後、上杉氏に従って、会津、そして、米沢へと移ります。明治維新後は、市河氏の一部が屯田兵として、北海道の開発に携わったとのことです。

n 014

 にたような石垣の写真ばかりで申し訳アリマセン・・・

 仙当城大手のこの道がヤブから解き放たれたのは近年のことで、この石垣達を紹介するページは現状無いようなので、力を入れて、レポートさせていただきます。

 街道の可能性もへ続く・・・
 
 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード