FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  砥石城③ ~ 真田昌幸継承

砥石城③ ~ 真田昌幸継承

 砥石城の第三話です。

n 118

 砥石城は、米山城、砥石城、本城、枡形城からなる複合要塞です。

 そのうちの一つの枡形城に到着しました。

n 114

 今、登ってきたルートを見おろします。

 木につかまらなければ登ることが出来ない急峻さが伝わりますでしょうか?

n 119

 この可愛い枡形があるので、枡形城と呼ばれているようです。

 実際の規模は、小学校の教室一つ程度で、北方への物見的な役割であったと推察します。

n 001

 真田幸隆は、その後、上州吾妻郡を転戦し、同地を武田の領国とすることに成功。一躍武田家に重きを置くようになります。

 幸隆亡き後は、嫡男の信綱が真田家を継ぎますが、1575年、長篠にて戦死し、三男の昌幸が急遽当主となりました。

 昌幸の頃には、砥石城は真田家の城であった記録があります。

n 121

 本城方面から枡形小口を見上げました。

 1582年には、武田家が滅亡。真田昌幸は独立大名の道を歩み始めます。

 上州吾妻郡と真田郷に加え、信濃小県郡全域を手中に治めた真田昌幸は新たな拠点として上田城を構築します。

n 122

 枡形城から尾根を下っていくと、堀切を隔てて、本城が見えてきます。

 1585年、第一次上田合戦が勃発、上田城に7000の徳川兵が攻め寄せます。

 守る真田勢は2000・・・

 真田昌幸は、そのうち500(諸説ありますが・・・)を、嫡男信幸に与え、砥石城に配置します。

 真田信幸伏兵を踊らすへ続く・・・

 

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード