FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長野県砥石城①~武田信玄撤退!

長野県砥石城①~武田信玄撤退!

 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。
 平成22年5月15日、砥石城に行ってきました。
 上田市にあります。
 上信越自動車道「上田菅平インター」から国道144号を北東に進み、伊勢山交差点を左折し、上田城が築かれる前の城下町、伊勢山集落に入ります。


n 163

 伊勢山集落の写真です。

 整然とした街割がなされ、それぞれに蔵を持つ豪邸が連なり、現在でもここ伊勢山に住むことは、ステータスなのだろうと感じさせられます。


n 164

 伊勢山集落のマンホールには「真田六文銭」が、フューチャーされています。

 こういう小さなこだわりに惹かれます。


n 097

 伊勢山集落を通り過ぎると、左側に泰陽寺が現れます。ここにシビックハイブリッドを停めさせて頂きました。写真、奥の山が砥石本城です。

n 001

 イメージ図を作成しました。

 本当は大手のあたりに腰郭がイッパイあるのですが、技能不足にて描写を放棄しています。

 さて、砥石城は武田信玄が囲んでも落とせなかった難攻不落の城として知られています。

 武田軍は、どう攻めたのか?

 記録は残っていません。残っていないからこそ妄想が膨らみます。

 神川からは、断崖で攻めることが出来ません。

 内小屋に攻め込むと、三方を尾根に囲まれているので、三方から攻撃を受けることとなり、大変不利です。

 大手から攻めることは論外と言わざるを得ないでしょう。

 そこで内小屋と神川の間にある尾根筋を攻め登ったらどうだろうと思い、トライしました。

n 099

 内小屋です。城主クラスの居館が置かれていたことでしょう。

n 100

 内小屋から、尾根へと登って行きます。

n 102

 尾根筋に出ました。

 神川を見下ろします。登り難い断崖が見て取れるでしょうか?

 右下に、伊勢山集落と内小屋を隔てる堀が食い込んでいます。

 入念な普請ですね。

 真田幸隆奪取へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」


 




ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: 仙当城
M@入間さん。ご来訪有り難うございます。
選挙結果に傷心のところに声をおかけ頂き、
辛さがまぎれました。
仙当城は、作画していても楽しいです。
大手道は馬車道として使われていたのですか?
昔は尾根筋に街道があった場合が多いそうなので、
仙当城は街道を押さえる城だったのかも知れませんね。
(街道からはすれた山中に何故こんな巨大要塞が?とい
う論評は的外れなのかもしれません)
ということは、大手道の石垣は城としてではなく、馬車
道の保守として、江戸時代に構築された可能性もありま
すね。
今度、お会いしたときにじっくりと・・・
仙当城楽しかったですね。
大手道は最近整備されたそうですね。
以前は馬車道としても使われていたそうです。
あの日は膝が痛くて、駆けまわれなかったのが残念です。
確かに登城路には???の部分がありますね。虎口も???ですし。

唯、私も一城別郭思想ではないかと思います。

Re: 仙当城
お師匠! ご来訪有り難うございます。

只今、仙当城の図面を、各方向から描いている最中です。

仙当城の創始は古く、一城別郭であったのではないかと妄想します。

戦国期に改修を受けたが、一城別郭の基本線は保持された・・・

だから、敵が攻めてくる方向により・・・

どちらでも本郭になりえる・・・

私のほうはレポートの在庫が山積しており、

仙当城のレポートのアップは8月下旬ごろになろうかと・・・

また、ご一緒くださいね!


> 仙当城をUPしました。本丸と二の丸とを
> 入れ替えて考えたほうがいいような気がします。西奥の曲輪は二の丸であれば東の尾根から登ってきた大手の道は二の丸のどこへ繋がるのでしょう?まさか中央の竪堀を登って
> 行くとも考えられません。
仙当城をUPしました。本丸と二の丸とを
入れ替えて考えたほうがいいような気がします。西奥の曲輪は二の丸であれば東の尾根から登ってきた大手の道は二の丸のどこへ繋がるのでしょう?まさか中央の竪堀を登って
行くとも考えられません。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード