FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  真田郷松尾古城③ ~ 岩砕き竪堀

真田郷松尾古城③ ~ 岩砕き竪堀

 松尾古城の第三話です。

n 019

 かなり長い竪堀を発見しました。

 さて、真田幸隆が頼った武田信玄ですが、1548年には上田原の合戦で村上義清に敗北・・・

 真田幸隆は故郷の地を目の前に撤退しなければなりませんでした。


n 001

 「う」の竪堀です。

 1550年には、武田軍が、松尾古城北方の砥石城を囲んでいるので、真田幸隆は松尾古城を奪回していたはずです。

 しかし、村上軍が後詰にあらわれ、武田は再び敗走・・・

 真田幸隆が、松尾古城を放棄したのか、維持したのかは論議の分かれるところです。


n 020

 「う」の竪堀の一部は、岩盤を掘削して普請されており、水の手を守ろうとする強固な意志が感じられます。

 翌、1551年には、真田幸隆が単独で砥石城を乗っ取っていることから、松尾古城を維持していたのではないかとする説に私は賛成です。


n 021

 本郭背後の堀切です。

 砥石城乗っ取りにより、真田幸隆は真田盆地全体を与えられたと考えられます。旧領の4倍です。

 信玄を選んで良かった! 幸隆は感慨に浸ったことでしょう。


n 023

 本郭背後の堀切は竪堀となって斜面を下っています。

 その後村上義清が越後へ去ると、幸隆には秋和の地(上田の市街地あたり)が、加増されます。


n 022

 本郭背後の塁壁です。

 石塁囲み本郭へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード