FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  甲斐中山砦③ ~ 天正壬午の捨て石

甲斐中山砦③ ~ 天正壬午の捨て石

 甲斐中山砦の最終話です。

m 099

 本郭の小口です。

 武田勝頼が、織田信長に滅ぼされ、
 織田信長が本能寺の変に倒れると、甲斐、信濃は無主の地となり、
 ここに天正壬午の乱が勃発します。


m 100

 二の郭を行く若おじさんです。

 北条氏直は、碓氷峠を越えて、佐久を席巻し、諏訪氏を配下に従え、若神子に着陣します。

 徳川家康は、甲斐中央部を制圧し、新府城に進出、

 北条と徳川のニラミアイガ始まります。


m_20100606091857.jpg

 そのときの、布陣です。

 武川衆は徳川家康に付き、中山砦を守ります。

 徳川の新府城と能見城は、釜無川と塩川の断崖に守られている為、
 北条がこれを攻めようとすると、能見城の北西にマワル以外ありません。

 北条が能見城の北西に布陣すると、中山砦はその背後を突ける位置に存在します。
 北条は、まず、中山砦を落とさなければなりません。

 中山砦の守備兵は多くて200名、北条勢は4万、
 北条に攻められたらヒトタマリモアリマセン・・・

 家康の作戦はこうだったと思います・・・
 北条が城を出て、中山砦を囲んだときがチャンスだ!
 徳川軍は野戦で圧倒的な強さを誇る。
 中山砦を囲んだ北条軍を殲滅できる!
 中山砦が落ちようと、北条をオビキ出しさえすれば良いのだ。


m 103

 三ヶ月堀があります。

 通常、三ヶ月堀は丸馬出しとセットなのですが、
 この砦では、先述の防御思想により、丸郭に小口はついておりません。
 故に、丸郭は、丸馬出しとはなっていません。


n_20100606084539.jpg

 さて、実戦では、徳川勢が豆生田砦と獅子吼城を奪取し、真田昌幸が碓氷峠を封鎖したため、

 北条は手詰まりとなり、信州と甲斐を徳川に明け渡す条件で講和となり、

 中山砦は、戦火にサラセルコトハアリマセンデシタ・・・


m 102

 丸郭です。

 武川衆の一部は、徳川家の旗本となり、関東へ移ったとのことです・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」


 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード