FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  扇子平山城⑤ ~ 水の手か?

扇子平山城⑤ ~ 水の手か?

 扇子平山城の第五話です。

m 050

 二の郭に入りました。

 甘利昌忠は、武州松山城攻めにも参加しました。


m 021

 二の郭と本郭の間には窪地があり、水の手の可能性を感じました。

 窪地の写真は手ブレで採用できず、表題にしながら写真無しというオソマツナ・・・

 甘利昌忠の部下が、敵の鉄砲で腹を打たれて重態になってしまいます。


m 052

 本郭手前の二の堀です。

 こういう場合は、馬の糞を水に溶いて飲むと血が下って助かるとの話になったが、

 部下は、死ぬのは武士の誉れ、馬の糞を飲んで生き延びようとは思わんと拒否。


m 054

 本郭には、扇子平山城の石碑がありました。

 そこで、甘利昌忠は、「生き延びて何度も軍功を上げるもの忠義である。どれどれ俺が試しに飲んでみよう」

 「おお、ナカナカの味ぞ」


m 053

 図、本郭右側の腰郭です。

 家来は、甘利昌忠の熱意にホダサレ、馬の糞ジュースを飲みました。

 すると、様態が好転し、命を取り留めました。

 家来は甘利昌忠に感謝したとのことです。


m 056

 本郭背後の、一の堀を見下ろしました。

 背後の尾根筋には、

 ① 敵兵の攻撃を防ぐ為、

 ② 城から落ち延びる際、敵の追撃を撃退する為

 執拗な普請がなされていました。

 ウネル細尾根へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード