FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  扇子平山城④ ~ 山上の扇状地

扇子平山城④ ~ 山上の扇状地

 扇子平山城の第四話です。

m 043

 扇子平に入りました。

 削平されていたり、いなかったりです。

 小田井原の戦いの翌年、1548年、勢いに乗った武田信玄は、北信濃の強豪村上義清と雌雄を決すべく、上田市まで進出し、ここに上田原の戦いが始まります。


m 044

 段のような、そうでないような・・・

 武田は緒戦で押し込むも、深入りしたためか、逆襲にあいます。その後の一進一退の攻防の中「甘利虎泰」は、戦死してしまいます。


m 021

 敵が扇子平には目もくれず、通路を通って、二の郭を目指せは、扇子平からの攻撃にサラサレマス。

 敵が扇子平の制圧を目指そうとしても、常に二の郭方向の高い段から攻撃を受け容易ではありません。

 敵が扇子平制圧にこだわり、深入りすると、二の郭から通路を通って城兵が出撃し、扇子平入口を封鎖し、敵は袋のネズミみとなります。


m 046

 扇子平の上方から、扇子平全体を見下ろしました。

 この角度からだと、ダラダラ下りにしか見えませんね。

 「甘利虎泰」の後は、「甘利昌忠」が継ぎました。


m 076

 図の通路です。

 「甘利昌忠」は、北上州戦線に活躍します。


m 049

 二の郭手前の小さな削平地は、馬出しではないかと推察します。

 水の手か? に、続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード