FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  下田城③ ~ 25倍の敵

下田城③ ~ 25倍の敵

 下田城の第3話です。

m 020

 1589年、7月、上州にて事件が発生しました。

 真田昌幸の名胡桃城を、北条氏が攻め取ってしまったのです。

 私戦を禁じていた豊臣秀吉はこれに激怒! 

 ツイニ、北条倒滅の激を飛ばしたのでした。


m 072


 「お」の堀切です。

 翌1590年3月、加藤嘉明、脇坂安治、九鬼嘉隆、長宗部元親ら1万5千人の豊臣水軍が、下田城を囲みました。


m 080

 「き」へ、たどり着こうとしています。

 対する北条勢は、南伊豆下賀茂の領主「清水康英」が、600の兵で籠りました。


m 081

 「き」から見た、東側の海です。

 清水康英は、1ヶ月耐え抜きましたが、多分、兵糧が尽きたのでしょう、開城し、隠遁の身となりました。


m 076

「か」の堀切です。

m 085

 下田城が落城した後も、下田港は、重要な港であり続けました。

 幕末には、アメリカからペリー提督が来寇し、日本海国の地となったのでした。

 写真は、居館跡にある開国記念モニュメントです。


m 055

 下田市街から見た、下田城の遠景でお別れといたします。

  ホームページ 「土の城への衝動」

 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード