FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  伊豆丸山城④~武田水軍侵攻

伊豆丸山城④~武田水軍侵攻

 丸山城の続きです・・・

m 144

 現地掲示板によると、これが本丸石垣のようです。

 武田信玄は1569年に駿河を併呑するとすぐに、武田水軍を編成し、翌1570年には伊豆沖にて北条水軍と交戦し、これを圧倒します。

 北条氏は危機感を強め、丸山城の増強工事を急がせたことでしょう。


m 145

 本丸は、大藪となっていました。
 芝生広場にしろとまでは言いませんが・・・
 見晴らしも良い場所なのでもったいないですね。

 1571年、「川越の夜戦」で名を馳せた希代の英雄、北条氏康が亡くなると、北条氏は信玄の武威を恐れ、武田との講和を結びます。
 駿河湾に、再び、平和が訪れました。


m 146

 本丸の背後は、堀跡と思われる窪みがありました。
 かなりの堀幅があり、10メートル以上の深さであったか?
 北条氏ですから、障子堀があったか? と、推察されます。

 1573年、武田信玄が亡くなり、1578年には、上杉謙信が亡くなります。
 謙信無き後の越後を巡る混乱で、武田勝頼と北条氏政が手切れとなり、駿河湾はまたも、緊張下に!


m_20100410073832.jpg

 この城は、本丸の背後に詰城があると、現地解説版に記載していますので、素直にしたがって、描きました。

 1580年には、ツイニ、駿河湾で、武田水軍と北条水軍が交戦し、北条やや優勢のまま、両軍、兵を引いたとのことです。丸山城を預かる富永氏もこの合戦に参加した記録が残っています。


m 157

 本丸背後の堀から見上げた、詰城です。行ってみましょう!

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード