HOME   »  中世城郭  »  川越氏館③ ~ 挑発に乗る!

川越氏館③ ~ 挑発に乗る!

 川越氏館の第三話です。

m 019

 城址公園の北側に残存土塁があります。 
 土塁の間から・・ 主郭とおぼしき常楽寺が見えます。

 さて、1367年、鎌倉公方「足利基氏」が急死、ワズカ八歳の氏満が跡を継ぎました。 
 その後見の関東管領「上杉憲顕・義直派」は、やりたい放題が出来る状況に・・・
 川越氏と同じ「平一揆・尊氏派」高坂氏を「伊豆守護」から引きずり降ろすことを画策・・・

 この挑発に「川越直重」は、乗ってしまうのでした。


m 020

 残存土塁の近くには石碑が・・・ 風情を感じさせる演出ですね・・・

 1368年、関東管領上杉憲顕は、公方氏満元服の報告の為関東を後にして、京へ上ります。
 まるで、徳川家康が、石田光成の挙兵をそそのかす為に上杉攻めに行ったように・・・


m 015

 常楽寺の周辺は、発掘調査が続けられています。
 今後の整備が楽しみですねね。

 「川越直重」は、平一揆に動員をかけると共に、宇都宮氏と新田氏に檄を飛ばし、同時蜂起に成功します。
 関東の中原をあっという間に押さえた「川越直重」の蜂起は成功するかに見えましたが・・・


m 037

 常楽寺です。関東管領上杉憲顕は、幕府に、平一揆を逆族と認定させ、切り崩し、川越館を包囲、殲滅・・・
 名族、川越氏は没落してしまうのでした・・・


 幕府に背いても存続が許された名族は多いのに・・
 宇都宮氏、芳賀氏、佐竹氏、小山氏、結城氏などなど・・・
 そんな中、川越氏が没落したのは、「足利尊氏体制主流・平一揆のドン」を、消滅させることにより、「足利直義派・関東管領上杉氏」の隆盛を示す、象徴的出来事として避けて通れないものだったのでしょう。

m 038

 境内には、真新しい墓石が・・・
 「川越太郎・平・重頼公墓所」と記されています。


  これは、鎌倉時代に娘を義経の正室とした為に、粛清された重頼公のものですね・・
  源の頼朝の「頼」の字を授けておきながら、頼朝も勝手なことを・・・


 室町期の直重公の墓所があって欲しかった。

m 025

 史跡公園に戻りました。川越氏以降、山内上杉氏の拠点が置かれたとのことです。
 川越氏時代の堀は、砂利で埋めてありますが、山内上杉氏時代の堀は、茶色いアスファルトで表示してあります。
 川越氏時代の堀が直線的なのに対し、山内上杉時代の堀は湾曲し、横矢がかけられるようになっています。
 縄張り思想の進化を、視覚的に確認できる公園整備に感謝です。
 
 ホームページ
 「土の城への衝動」 

 
スポンサーサイト
Comment
若おじさん殿、今日は。
お言葉に甘え、24日ご一緒させていただきます。
結構比高がありそうで、本当のおじさんには
きつそうですが、ご迷惑をおかけしないよう
に頑張ります。
すみません、同じような名前だったので記載した城の名前間違えていました。
白山城や扇子山城より南の山城の名は、南アルプス市の中野城でした。
史進さんはじめまして。また、ぜひまた来て欲しいと思いますので、よろしくお願い致します。
せっかく来て頂けるのでしたら時間が取れれば、また行っていないようならば、白山城より北部の武川村の中山城(砦)や、逆に白山城より南部の中山城などもご案内できたらと考えています。
皆様に会える日を楽しみにしております。
更新、楽しみにしております。
史進さん。ご来訪有り難うございます。
「参考に・・」など、恐れ多い・・・
下調べの無い駄文ばかりで、恥ずかしい限りです。
お仕事が大変と、ブログで拝見し、お誘いするのを
控えておりました。
タイミングが合いましたら、また、是非!
花粉の季節が終わりましたので、気分は全開です。
こんにちは、沼田市の城参考にさせていただきましたありがとうございます。

扇子平城に行かれるのですか。
私は年末に登りましたがここも面白い城ですよ。
ある意味では白山城以上に楽しめます。
主郭下の末広がりのボコボコした郭は??でしたが意味ありげです。
さらに麓には雛壇状の遺構も確認できます(こちらについては畑の可能性もありますが・・・)
近日中にイメージ図をつけて更新する予定ですのでもしよろしければ拝見してくださいませ。

仕事が忙しくなかなか休みがとれませんが都合をあわせてご一緒したいですね。
若おじさん様!
 若おじさん様。お返事有り難うございます。
 それでは、4月24日(土)でお願いします。
 私の自宅は、埼玉県所沢市です。ETC登載車です。ホンダシビックの白です。
 お願いしておいて恐縮なのですが、私の職場は365日、24時間、稼動していますので、職場のトラブルがあり次第、キャンセルさせて頂く事があります。アラカジメお詫び申し上げておきます。
 万が一、キャンセルさせていただいても、再び、エントリーさせていただけると有り難く存じます。
 また、他の方の同行も可との有り難いお言葉を頂戴しました。
 この、コメントをご覧になった方で、同行されたい方は、名乗りを上げてください。
 所沢周辺でしたら、私がお迎えに参ります。
 それでは、「若おじさん」様、宜しくお願いします。
武蔵の五遁さんへ:早速の回答ありがとうございます!レスポンスが良くてうれしくなりました。
3月31日は都合が悪いのですが、それ以外の4月3日と24日はOKです。
私の方こそ、ここでやり取りして良いものか?とも思うのですが、これを見て他にも一緒に来れる人が出ればうれしいですね。
 武蔵の五遁さんのお宅がどこにあるのか解りませんが、車で高速を使って来られるならば、韮崎ICか双葉サービスエリア(ETC車は外に出れる)での待ち合わせが良いと思いますので、連絡頂ければ楽しみにお待ちしております。
それではまた。
是非ともご案内下さい!
おはようございます。「わかおじさん」さん。
マイナーなページにご来訪いただけたことに感謝いたします。
扇子山城は、知りませんでした。その立地を伺うと「見てみたい!」気持ちが、泉のように湧いてきました。是非とも宜しくお願いいたします。
私は、3月31日(水)と、4月3日(土)、4月24日(土)が、今のところ空いています。
調整は、このコメント欄で大丈夫でしょうか?
来て見て頂きたい山城があります
山梨韮崎の白山城の近くに住む者です。
 私も山城跡が好きであちこちに行ってまして、色々な方のHPも拝見させて頂いておりますが、灯台元暗しという言葉のように、今年になってこんな近くにと思うようなすぐ近くにある扇子山城跡を見つけましたので、機会があれば登って欲しく書き込みます。
 この山城は武田二十四将の一人の甘利氏の詰め城と思われます。甘利氏の館跡の看板にこの地の西2kmと書かれていますが、丁度白山城の南直線で1kmくらいのところにあります。名前のように扇子を開いて立てたような東西が切り立った細長い崖の上のわずかな平地が城跡でして、地形的に素のままでも相当な防御力のある場所で、こんな地形もあるんだ素晴らしいと思いました。
 こちらに来られることがありましたらその他の山城も含め案内致しますので遠慮なく連絡して欲しいと思います。
お師匠!
 お師匠!
 
 ご来訪有り難うございます。
 お師匠も新たな出発ですね・・
 早速、リンクを張り替えさせていただきました。
 過去記事はどうされるのですか?
 心配しております。

 では、また山城にて・・
 

> 河越館跡、うまくまとめていますね。とても分かりやすいです。
>  私も新たなサイトで出発です。
河越館跡、うまくまとめていますね。とても分かりやすいです。
 私も新たなサイトで出発です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード