HOME   »  中世城郭  »  興国寺城 ~ 早雲旗揚げの城

興国寺城 ~ 早雲旗揚げの城

 平成19年12月15日(土)に、山城戦隊ヤブレンジャーの皆さんの集会に参加させて頂きました。

 レンジャーの皆さんは、それぞれ人気「城ホームページ」を開いていらっしゃり、「城本」の作製にもかかわっていりゃっしゃる、城マニアの大リーガーです。

 この日は、静岡と山梨の城を巡りました。興国寺城、真篠城、尾崎砦、北松野城、蒲原城、横山城、小島陣屋の7ヶ所です。

興国寺アク

 興国寺城は、静岡県沼津市根小屋にあります。

image3615379[1]

 この日の最初の城はウオーミングアップで、踏査しやすい城でした。この後難易度が増していくのですが・・・・

 夜明け前に着いたので、真っ暗です。興国寺城は、戦国大名「北条早雲」の城として有名です。

 早雲は、この城から伊豆征服の軍を催し、関東に進出しました。

 その後、今川、武田、徳川と所有者が変遷しています。私は2度目の訪問です。

image2749594[1]

 国の史跡に指定され、現在、発掘、復元、公園化の工事が進行しています。

image9347766[1]

 3の郭は、発掘調査中でした。

image7831579[1]


 本郭の巨大な土塁です。散歩中の地元民が小人に見えます。

image7459532[1]

 西側の水堀の跡です。今後掘り下げられ、水が張られる予定です。

image3341021[1]

 東側の塁壁です。4階建てくらいの高さがあります。

image8725606[1]

 本丸北側の郭の堀です。現状では深さが50センチくらいの堀だったのですが、掘り下げてみると4メートルほどの深さでした。本丸北側の郭には武田流の馬出し遺構があり、武田氏による拡張工事があったことが推察されます。

image9526866[1]

    左側が、本郭です。堀底から本丸への比高は20メートルは、ありそうです。

image6054496[1]

  レンジャーの皆さんは、何の躊躇も無く、道無き塁壁を滑るように堀底へと進んでいきます。

image5661549[1]

 主郭からの富士山です。北条早雲も、今川義元も、武田信玄も、徳川家康もこの富士を眺めたのだ、その富士を私も眺めているのだと思うと戦国マニアの心には、ロマンの泉が湧き出します。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト
Comment
Re: まだまだでしたよ
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 整備はあまり進んでいないのですね。

 少々残念なような・・・ 無理に復元しなくてもとの思いも・・・

 サッタ峠の陣城とセットで再訪を計画してみます。
まだまだでしたよ
三廓は放置 水張りもまだで、他も全て見る限り変わっていないようでした、
レポート楽しみだなあ‼
Re: 行きました。
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 興国寺城へ行かれましたか。私が訪問した頃より復元工事が進行していたのではないでしょうか。
 北側の馬出は、微妙な窪みでわかりにくいですね。一番わかりにくいのは、馬出であれば、より城の中心部に近い方向に通路があるはずですが、少なくとも土橋はありませんし、木橋があったとしても、反対側の「受け」の場所が、これまたわかりにくいのですよね。

 土塁の規模は笑ってしまうくらいです。私もまた訪問して、今度は図面つきのレポートをアップしたいと思います。
行きました。
先日行って来ました!北側の馬だし遺構、わかりませんでした。10月ではまだまだ草が多くて、水堀側にはとても降りれませんでした…ただ水堀側の土塁が三廓前の道路まで続いており、普請の大きさを感じました〜
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード