FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  八幡平陣城 ~ 武田信玄着陣説

八幡平陣城 ~ 武田信玄着陣説

みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年5月31日に、八幡平陣城に行ってきました。

a八幡平アク

 八幡平陣城は、群馬県安中市簗瀬にあります。

 安中市役所から国道18号を西へ2.5キロ程進むと病院入り口交差点があり、その南西です。首塚として地図に記されていることもあります。


IMG_2244.jpg


           この様に、首塚の表示があります。


 首塚のある場所には、城郭遺構もあり、武田信玄の陣城であるとの説が、多くの解説書に掲載されています。


IMG_2251.jpg


  首塚には、お堂が建っています。


IMG_2252.jpg


 昭和6年に塚を調査したところ、頭蓋骨が山と出土した。中には刀傷のある骨もあった。中世の人骨と思われる・・・ ことから、戦国期に武田信玄が同地に進出し、陣城を築き、周辺の戦での敵の首が首実験のために集められたのでは無いかと推察されています。


image3406446[1]


 1560年、上杉謙信は関東を席巻し、北条氏の本拠小田原を攻めるも戦果無く撤退します。

 なんと! その翌年信玄は、国峰城を追われて信玄を頼っていた小幡重定を、国峰城へ復帰させることに成功します。


 更に、信玄は松井田と安中の中間にあたる原市へ進出し、後閑氏を調略し、味方へ引き入れ、松井田~安中ラインを分断!


 1564年には、安中、松井田両城を奪取します。


 信玄は原市に拠点を持っていた。原市近くに首塚が発見された。首塚のある場所が信玄の陣城だ・・・ という論理です。


IMG_2253.jpg


 古図面により、本郭とされている場所は、畑となり、堀や土塁も耕作により消滅していました。


IMG_2250.jpg


    二の郭の堀跡と推察される畑です。右側の竹藪が二の郭です。


IMG_2246.jpg


       二の郭には、二子塚と呼ばれる盛り土があります。

 別に登らなくとも・・・ と、考えなくも無いのですが、体が動いてしまいます。


IMG_2249.jpg


 こんな感じです。前方後円墳の跡だと推察します。周囲はなだらかな斜面で、防御用に加工された痕跡はありません。


image2053768[1]



 古図面と現状の地形を参考に妄想してみました・・・

 決して要害の立地ではありません。四方向どちらからでも楽に攻めることが出来ます。横矢などの工夫も皆無です・・

 どう考えても鎌倉から室町初期の土豪の館としか思えません。

 戦国期に、信玄の拠点が3年間あったのであれば、こんな構造であるはずが無いと私は考えます。

 安中、松井田奪取後築かれた板鼻城の凄さとは比較しようもありません

 信玄の陣城は別の場所にあった・・・

 この地が信玄の陣城であったとする説を却下します!

(縄張りマニアのタワゴトです。私の言を却下してください )

 ホームページ 「土の城への衝動」 





スポンサーサイト
Comment
八幡平陣城の破壊
SADA様 御来訪ありがとうございます。

 今度は安中へ行かれましたが? 神出鬼没ですね。
 私の昨日は地域働きで・・・
 本日は女房を連れて、小江戸はつかり温泉に行ってまいりました。
 青空がすがすがしい日は、ここの露天風呂の解放感がタマリマセ
ンです。
 さて、
 実は今年の1月に磯部城へ行った際に、八幡平陣城も寄りました。
 おっしゃる通りの破壊のされようで・・・・
 私有地であれば仕方が無いことなのでしょが、寂しいかぎりです。
GWは安中で楽しみました。
武蔵の五遁さまが訪れてから4年後になりますが
その様子は変貌していました。
古墳は竹が全て伐採され裸状態。
祠はそのままですが隣は分譲地となり
すでに家が何軒か建っていました。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード