FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県与縄城② ~ 物見か詰城か?

山梨県与縄城② ~ 物見か詰城か?

 与縄城の最終話です。

m 047

 崖端城の背後に何か、防御遺構があるのではと徘徊しましたが、ご覧のような緩斜面が続いています。

m 001

 図、「だらだら下り」の部分です。

m 048

 東側(図の左側)は、「お」の堀に守られております。「い」の堀と同様、天然の沢を利用していると思われます。

m 051

 アキラメズニ登っていくと、「5」の削平地を発見しました。奥に切岸が見えます。

m 052

 「4」の削平地から見上げた「3」の切岸です。

m 053

 「3」の腰郭らしき場所です。

m 054

 更に上には2段の削平地があるようです。

m 055

 「1」の削平地には祠がありました。この上はタダノ尾根のように見え、日没が迫っていたので、今日はこれくらいで許してやることにしました。
 5段の削平地が見られましたが、耕作のために整地されたのか? 物見の遺構なのか? 詰城なのか? 判断はつきませんでした。


m 058

 朝日川の対岸から、与縄城を写しました。2本の沢に区切られた河岸段丘の地形をタクミに利用した堅城と評価されるべきでしょう。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード