FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県与縄城① ~ 崖端の巨堀

山梨県与縄城① ~ 崖端の巨堀

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成22年1月23日に、与縄城に行ってきました。

与縄アク

 都留市与縄にあります。

 昨年、都留中心部にある勝山城に行った際、フモトの谷村館関係の掲示板に与縄城のダイタイノ位置が記載されておりました。この時、ハジメテ与縄城の存在を知りました。
 その後、都留市街東部の山を徘徊しましたが、見つけられずに越年・・
 ホームページ「城訪人」さんに、レポートが記載されているのを発見!
 オーナーの「史進」さんに行き方を伝授して頂きました。


m 001

 上達しませんね・・・
 国道139号から壬生駅前の「古川渡」交差点から、県道35号に入り、南東へ、県道が与縄橋を渡る前の右折する小道を南へ、分岐を左へ曲がると到達できます。史進さん有り難うございました。


m 040

 図、「あ」の堀です。ば峠道方向が緩斜面なので、その方向からの敵の侵入に備えたのだと思われます。

m 048

 二の郭から「い」の堀を見下ろしました。天然の沢を利用していると思われます。
 この城についての資料は何も無いと言う事なので、遺構のみの説明となります。


m 044

 「う」の堀です。幅が10メートル以上あり、戦国後期の改修を妄想させます。手前が本郭。左奥が二の郭です。

m 043

 本郭です。御殿が充分に建てられる広さがあります。

m 041

 「え」の堀です。

m 045

 本郭には、腰郭が付属しています。

 本郭の前面の守りは堅固です。
 しかし、本郭の背後の守りは? です。タブン堀と土塁があったのが破壊されてしまったのだと推察します。
 それでも、背後に何かあるのでは? 後半へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード