FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県真篠城② ~ 武田以降の改修?

山梨県真篠城② ~ 武田以降の改修?

 真篠城の第2話です・・・

 この城を訪れるのは3回目でした。
 城は、訪れる度に新たな顔を見せてくれます。
 今回は駐車場が整備され、藪も刈り払われ、遺構の観察がより詳しく出来ました。


m 090

 駐車場から、西にこの看板があります。
 大手と表示してありますが・・・


m 002

  妄想紙芝居です。破壊されたであろう切岸や郭を妄想にて描いいます。
 現在の地表観察と異なる部分が多々あります。
 学術的客観性はありません。このことをご理解頂いた上でお楽しみ下さい。
 さて、実際の大手は、街道に接する「うね堀」郭の尾根筋が大手であったと推察します。
 この城で一番堅固なルートです。

m 091

 写真のようなダラダラ登りが続きますが、トコロドコロ、切岸が崩されたような遺構が見られます。
 日当たりの良い場所ですので、耕作の為、破壊されてしまったのではないかと推察します。


m 092

 図、本郭右下の登り土塁小口です。
 武田系山城には見られない技法です。武田滅亡後の徳川氏か、浅野氏の改修の可能性を感じます。

m 093

 この城は、そこら中に石積みや、石積みが崩された跡が見られます。

m 094


 本郭の小口は3箇所ありますが、これは、図右側の小口です。
 小口は3箇所とも、その前方に小空間があり、枡形的な役割を果たしています。


 ヤブ・・・ のち・・・ 馬出し・・へ、続く・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード