FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県本栖城⑤ ~ 迂回阻止!

山梨県本栖城⑤ ~ 迂回阻止!

 本栖城の最終話です・・・

m_20100109101519.jpg

 搦め手から、攻城勢の立場になって考えて見ましょう。
 城に迫ると大堀切りがあり、高さ15メートルほどの絶壁が聳え立ち、「あ」の石塁上からの射撃にサラサレマス。
 あの絶壁に取り付いても、死者を増やすだけだ・・・

 よし、迂回しよう!

 攻城勢は、図「い」の方向へ迂回します。
 奥郭からの投石に晒されながら・・・

m 041

 二の郭、三の郭の「い」方向は、このような石塁が構築され、迂回してきた攻城勢を迎撃できるようになっています。

m 040

 三の郭の石塁を内側から写しました。

m 039

 三の郭は、細長く、奥まで伸びてきます。

m 038

 三の郭から、二の郭へと登る「つなぎ」の部分も、このように石塁に守られています。

m 037

 二の郭です。ここを攻め取った攻城兵は、本郭と奥郭からの攻撃に晒されながら、図、右上へ進まなくてはなりません。

m 035

 途中には、写真のような堅固な石塁もあり、ここには門が設けられていたのではないでしょうか?

m 036

 本郭の小口です。

 石の積み方が、同じ山梨県は北杜市の獅子吼城に似ており、甲斐が未だ治まりきっていなかった、武田信虎の時代の構築ではないかと妄想いたします。

m 043

 本栖湖からの富士山です。

 1時間程度で見て廻ることが出来ますし、風景の見事さは、言葉に出来ないほどです。
 新緑や、紅葉の季節に登ってみてはいかがでしょうか?

 ホームページ 「土の城への衝動」

スポンサーサイト



Comment
Re: ご無沙汰してます
若おじさん様 御来訪ありがとうございます。

 その節はお世話になりました。

 あの写真のアングルは1000円札のアングルでしたか?

 知りませんでした。

 嬉しい情報を有難うございました。

 最近はすれ違いですがまたいつかご一緒出来るとありがた
いです。

 では!

> 山梨の若おじさんこと若尾です。
> 最近はすっかり山男になっていましたが、久しぶりにHP拝見させてもらい、本栖城の部分を見て、最後の写真について知っているかなと思ったのでメールします。
> この写真が1000円札にある富士山の写真の場所です。
> 札と比べて見てください。
> 知ってたらすみません。
ご無沙汰してます
山梨の若おじさんこと若尾です。
最近はすっかり山男になっていましたが、久しぶりにHP拝見させてもらい、本栖城の部分を見て、最後の写真について知っているかなと思ったのでメールします。
この写真が1000円札にある富士山の写真の場所です。
札と比べて見てください。
知ってたらすみません。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード