FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  茨城県片野城② ~ 太田三楽斎、佐竹を頼る

茨城県片野城② ~ 太田三楽斎、佐竹を頼る

 片野城の第二話です・・・

katano.jpg

 太田三楽斎資正は、かの有名な太田道灌のひ孫にあたります。
 扇谷上杉氏に仕えていました。
 しかし、1546年、川越の野戦で扇谷上杉氏は滅亡してしまいます。
 その後の紆余曲折は省略・・・
 1560年に、上杉謙信が関東へ進出すると、謙信の傘下として、岩槻城を守りました。

katano 004

 図「あ」の堀切です。
 武州松山城が上杉謙信の配下となると、太田資正は、松山城に犬を置き、松山城に北条軍が迫ると、犬を放ち!
 犬は岩槻城に駆け込み、岩槻から松山へすぐに援軍を出すことが出来たとの伝説があります。

katano 010

 ④馬出しの土塁です。
 しかし、上杉謙信が越後へ戻ると・・・
 1563年、武州松山城は武田信玄・北条氏康の連合軍5万の前に落城・・
 翌1564年1月には、第二次国府台合戦が勃発!
 太田資正・里見連合軍は、北条に大敗を喫してしまいます。

katano 011

 ④と③の間の堀です。

 岩槻城にいた太田資正の嫡男氏資(北条から嫁をもらい。北条氏康から氏の字をもらっていた)は、あっさりと父を見捨てて、北条の配下となります。

katano 012

 ③の郭の入り口です、両側に土塁が盛られています。

 岩槻城を追われた太田資正は、反北条を貫く為、佐竹の傘下に入るのでした・・・

 関東古戦録エピソード集へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード