FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県中山城② ~ 吾妻式縄張り

群馬県中山城② ~ 吾妻式縄張り

 中山城の第二話です・・・
 現在、この地方のメインの道路は、利根川沿いにあります。
 しかし、土木技術が発達していなかった戦国期、川は度々氾濫し、川沿いに街道を維持するのは困難でした。

091121 093

 戦国期、関東から三国峠を越えて越後に至るメイン道路「三国街道」は、高山村を経由し、高山村には中山宿が栄えました。

091121 092

 中山宿を押さえる豪族「中山氏」がおり、宿場の北西に中山古城を構えていました。
 境目の小土豪の悲しさ・・・ 上杉謙信が来れば、謙信に従い・・・
 武田信玄が来れば、信玄に従い・・ 武田滅亡の後は、真田昌幸に従いました。
 そこに襲い掛かったのが、関東の雄、小田原北条氏です。
 本能寺の変の混乱に乗じ、南上州を配下に治めると、利根川添いに北上し、真田領制圧を目指します。

091121 065

 南三の郭です。

 真田昌幸から沼田の守りを任せられていた矢沢頼綱は、北条の機先を制そうと、在地集を糾合し、津久田にて北条との合戦に挑みます。
 中山氏も従軍しました。

091121 066

 西三の郭です。
 ところが、真田軍の「例の金子さん」が、北条の大軍を前に怖気づき、敵前逃亡・・・
 中山氏は、敵中に取り残され、討ち死にしてしまいます。
 北条軍は、主を失った、中山領を接収します。
 そして、ここを真田・沼田攻めの拠点とすることとしました。
 中山氏の中山古城は、狭く、大軍の駐屯に向かないため、大軍が駐屯できる新たな城を築くことにしました。

nakayama.jpg

 北条は、在地衆に新城の建設を命じます。
 しかし、縄張りは在地集に任せ、城郭全体の面積(駐屯可能人数)と、本丸の堀幅と深さのみを指定したのではないかとオモイマス・・

 日本全国の常識としては、捨て郭のある場所、つまり、舌状台地の突端に本丸をおきます。
 しかし、吾妻地方とその周辺では、突端を捨て置いて、ずらした場所に、本丸を置く地域的慣習があります。
 稲荷城、古城、川田城、横尾八幡城、長井坂城などがそれにあたります。

091121 067

 右が西二の郭、その左の堀は耕作により、埋められてしまっています。
 私は、この縄張りを「一城別郭」の進化形ではないかと妄想してます。
 吾妻地方の古い城には、城の中央に大きな堀をモウケ、その両側に拠点を作り、一方が陥落しても、もう一方で持久する縄張り、「一城別郭」が、あります。

 そして、この「突端ずらし」は、本郭を拠点として、突端側が陥落しても、台地の基部を拠点に抵抗する。
 台地の基部を奪取されても、本丸を拠点として突端側を拠点に抵抗する。

 「一城別郭」では、本丸が二つ必要ですが、「突端ずらし」では、本丸が一つで済む利点があります。

 オトリ郭に続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード