FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県川田城② ~ 真田の危機

群馬県川田城② ~ 真田の危機

 川田城の続きです・・・

kawada.jpg

 敵が、標示の無い郭に入り、二郭への木橋を攻めると、北郭から背後を突きます。
 敵が、北郭への木橋を攻めると、二郭から背後を突きます。

 敵が、二郭に侵入しても、本郭への小口へ到達するには・・・
 本郭からの射撃にさらされながら、半周しなければなりません。
 単純ながら、工夫された縄張りです。
091121 103

 図、右側の腰郭です。

 戦国後期、ここ沼田の地は、真田昌幸(真田幸村のお父さん)が治めていました。
 武田家が滅ぶと、真田昌幸は織田家の滝川一益に仕え、同地を安堵されます。
 しかし、織田信長が本能寺の変に倒れると、滝川一益は、上州から遁走・・・

091121 104

 本郭は、二郭より若干高くなっています。
 堀も、図の左側、手前、右側は埋まってしまっています。

 目の上のタンコブが無くなった、小田原北条氏は真田領を併呑しようと攻勢に出ます。
 長井坂城を奪取し、高山村に新たな拠点中山城を築城し、沼田に標準を合わせます。

091121 105

 本郭です。中学校の教室3つくらいの広さです。

 当時の城主は山名信濃守義季でした。
 真田の何十倍の勢力を誇る北条が目の前に・・・
 川田の地侍の多くは、冷静な判断で北条に投降・・・
 沼田城代矢沢頼綱は、山名の統率力不足を理由に、山名の領地を3分の2に削り、川田城に祢津幸直(長野県小県)を入れ、補強します。

 北条勢来襲に続く・・・


 ホームページ 「土の城への衝動」

 

 > 「群馬の城」

スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード