FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県小城 ~ 激戦の記録

群馬県小城 ~ 激戦の記録

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成21年11月21日に、小城に行ってきました。

a植栗アク

 渋川市から、国道353号を北西に進み、中之条市街に入り、伊勢町下交差点を左折し、JR吾妻線を渡って、更に左折すると行き当たります。

091121 031

 二の丸の一部が公園化されています。

 住宅街の一角にあります。

091121 032

 ごく普通の公園です。

 この場所に血塗られた歴史があることを知った上で利用されている方は少ないのではないでしょうか?

ko.jpg

 遺構はホトンド残っていませんので「群馬の古城」掲載の古図面から起こしました。

 吾妻川の河岸段丘を利用しています。二つの沢を天然の堀とし、手前側からしか攻撃できません。

 小口には二の丸土塁からの横矢がかけられています。
 小口を突破すると、本丸土塁上からの射撃にさらされます。
 本丸小口に達するには、本丸からの射撃にさらされながら迂回しなければなりません。
 小規模ながら、理にかなった縄張りです。

091121 030

 古図面で、本丸があったとされる場所です。
 あのコンクリートで固めた部分は、往時の塁壁なのでしょうか?

091121 034

 図、左側の段々に落ち込んでいる部分です。

 この部分はあまり改変を受けていないと思われます。

091121 036

 南東を撮影しました。
 吾妻川を挟んで、左に岩井堂の砦、右に白狐城が見えます。

 戦国後期、豊臣秀吉による天下統一が進む頃、この地は真田昌幸(真田幸村のお父さん)の所領でした。
 関東の雄、小田原北条氏は、秀吉に対抗しうる勢力を確保する為、真田領に侵攻します。
 1589年12月20日、北条氏は真田配下岩井堂の砦を奪取。
 翌、1590年2月には、この小城も手に入れます。
 しかし、真田勢も意地を見せ、半月後に小城へ夜襲をかけ、北条勢を追い払ったとのことです。

091121 037

 段丘の下から小城を見上げました。
 往時は、吾妻川がフモトを洗っていたと思われます。

 ホームページ 「土の城への衝動」
 

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード