FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県鬼屋敷 ~ 特異な連郭居館

群馬県鬼屋敷 ~ 特異な連郭居館

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成21年11月20日に、鬼屋敷に行ってきました。

鬼屋敷アク

 場所は、中峯城のレポートをご参照下さい。
 鬼屋敷は、中峯城の居館であると推察されています。

oniyasiki.jpg

 中峯城の尾根筋、西側の緩斜面を削りこんで、郭を作り、削り残した部分で区画しています。
 郭は、5つあり、奥に行くほど、遮断性が高くなっています。

 背後の尾根筋には、堀切などの防御遺構はありません。
 背後から攻撃されることを計算に入れていない・・・ つまり、かなり、古い防御構想です。
 しかし、一方、3千人以上楽に籠れる規模があり、工事量も半端ではありません。
 在地土豪の植栗氏、単独で普請できるような規模ではなく、かなり、大きな勢力によるもと妄想いたします。

091121 025

 図、5の郭に右側から削り残しの尾根が差し込んでいる場所です。

 鬼屋敷の成立に関する妄想、その①
 南北朝期に、吾妻を支配した吾妻氏は北朝方であった。
 南朝方となった新田氏配下の里見氏は、吾妻郡に侵攻します。
 「吾妻町の城とその時代」によりますと、鬼屋敷は、里見氏の侵攻に備えて吾妻氏が築いたのではないかとの事です。
 吾妻氏は敗れて同地を去ります。

091121 026

 5の郭です。ヤブで解りにくいですね。

 鬼屋敷の成立に関する妄想、その②
 吾妻氏は、その後、榛名僧兵の支援を受けて、領土回復を図るが果たさせず。
 北朝方の関東管領上杉氏の支援を得て、ようやく吾妻を回復した。
 榛名山頂に近い鬼屋敷は、吾妻氏と榛名僧兵による、吾妻回復作戦の一大拠点であったのではないか?

091121 022

 4の郭の土塁です。

 鬼屋敷成立に関する妄想、その③
 時は下り永正年間、白井長尾氏の嫡男でありながら、要職から遠ざけられた長尾景春は、関東管領家へ反旗を翻します。
 1509年、関東管領軍が、白井城を包囲し、長尾景春は、柏原城に撤退します。
 翌年、長尾景春は白井城を奪回しますが・・・
 もし、柏原城に、管領軍が殺到した場合・・・
 サラに山中へ引いてゲリラ戦を展開する計画があったのではないか?
 柏原城西方約7キロの山中にあり、
 周囲から発見されにくい谷あいにある鬼屋敷は、
 長尾景春のゲリラ戦拠点として普請されたのではないか?

091121 023

 4の郭から立ち登る竪堀です。

 緩斜面の迂回を防ぐ設備です。半端で無い工事量と申し上げている理由をご推察頂けるかと・・・

091121 021

 3の郭です。

 段々ヤブが厳しくなってきました。

091121 020

 4の郭です。

 1時間以上、見晴らしの利かないヤブを徘徊していると、段々心が弱くなってきます。
 そろそろ、帰りたい・・・

 091121 019

 5の郭です。

 「吾妻町の城とその時代」では、城ヶ裏と記されています。

091121 028

 中峯城の尾根筋に戻ったときは、ホットシマシタ・・・

 初心者の皆さんは、中峯城だけで引き返すほうが、よろしいかと・・・

 フリークの皆さんは、重装備でどうぞ、谷あいですので午前中に踏査を終了されるのがオススメです。


 ホームページ 「土の城への衝動」

 

 > 「群馬の城」

スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード