FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長野県松岡城(1) ~ くし団子状縄張り

長野県松岡城(1) ~ くし団子状縄張り

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年8月25日、お城仲間のMさんと松岡城に行ってきました。

 

松岡城アク

 松岡城は、長野県下伊那郡高森町下市田にあります。

 JR飯田線下市田駅西方約1.2キロ、松源寺が目印です。

 

image5525754[1]

 イメージ図です。沢に区切られた河岸段丘上の舌状地形を順次掘り切っていく、伊那地方の典型的な縄張りです。まるで、くし団子の様ですね。

 

 武田家の支配下にあった頃、三ヶ月堀があったそうですが、今は埋められてしまっています。

 

ina 130

             

                五の郭の土塁と堀です。

 

 現地配布資料によると、平安時代、東北で起きた前九年の役で敗れた安部貞任の次男が、この地へ逃れてきて、地頭に推され、松岡氏を名乗ったとのことですが・・・ 先祖を有名人に求めて箔をつけようとするのはよくあること・・・

 

 

 室町時代には、小笠原氏の配下として、結城合戦や大塔合戦に出兵しています。

 

ina 132

 

     五の丸から四の丸にかけては、松源寺が建立されています。

 

 戦国期に入ると、松岡氏は勢力を拡張し、諏訪神社の神事の頭役を務めるまでになったそうです。

 

ina 133

 

     今は埋められてしまった四の掘を示す、ケナゲナ木柱が・・・

 

 戦国中期の1554年、甲斐の武田信玄が下伊那に侵攻しました。松岡氏は勝ち馬に乗り、信玄の配下となり、50騎の軍役を課されました。

 

ina 135

 

       三の堀の北側です。奥が三の丸で手前が三の堀です。

 

 信玄の傘下で平穏な日々を送っていた松岡氏ですが、信玄が亡くなり、勝頼が長篠で大敗すると、この地にも再び戦乱の波が・・・
 

ina 136

 

     三の堀を進んでいくと、土塁の手前で更に掘りこんでいました。

 

 1582年、織田信長がこの地に侵攻すると、マタマタ、松岡氏は勝ち馬に乗り、織田信長に帰順し、本領を安堵されます。

 

ina 138

 

     二の堀の表柱が、夏草に埋もれかけている風情が・・・

 

    信長が本能寺の変に倒れると、信濃は無主の地となります。

 

ina 139

 

            二の堀はなかなか良く残っています。

 

 下伊那には、徳川家康が侵攻し、松岡氏はマタマタ、勝ち馬に乗り、家康の配下に・・・・

 

 松岡氏は、勝ち馬に乗り続けることが出来るのか?

 

 後半に続く・・・

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード