FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  熊城③ ~ 何故使用されなかったのか?

熊城③ ~ 何故使用されなかったのか?

 熊城の最終話です・・・

要害3

 熊城の最終形態が、戦国末期であることを示唆するものに石積みがあります。
 やくら台から、本郭にかけては、随所に残存しています。

9111 094

 やくら台の内部です。石積みで固められています。
 雨が降り始めなければ、じっくりと踏査したかったのですが・・・

9111 101

 本郭からやぐら台方面を見上げました・・・
 段々になっているのが見て取れます。

9111 100

 本郭から、腰郭を見下ろしました・・

9111 106

 二の堀の、堀底です。

9111 108

 一の堀を見おろしました・・・

 武田勝頼は、何故、要害山城と熊城のセットを使用しなかったのでしょうか?

 新府城を落ちたときの兵力は、1000。古府中付近に戻った頃には500を切っていたとのことです。

 さすがに500では、要害山城と熊城のセットに兵を配置し切れません。

 それでも・・・ それでも・・・

 武田ファンとしては、守れようが、守れまいが・・・

 勝頼には、この地で腹を切って欲しかった・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード