FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県勝沼氏館② ~ 謙信に心を動かす

山梨県勝沼氏館② ~ 謙信に心を動かす

 勝沼氏館の続きです・・・

 1535年、北条氏綱が郡内に侵攻、郡内小山田氏に加勢した勝沼信友は戦死・・・

 子の信元が跡を継ぎます。

 1541年、武田信玄がクーデターにより、父、信虎を追放し、国主となりました。

 勝沼信元は、信玄の家臣となりました。親族衆ですね。

 勝沼信元は、信玄の家臣として、信玄の信濃侵攻に従軍します。

 9111 040

 郭内から、東の「復元門」を撮影しました。
 
 甲陽軍鑑によりますと・・・
 1542年3月、村上義清が甲斐の国境付近まで攻めよせた際、勝沼入道(信元)は、諏訪口の押さえとして派遣されたとあります。

9111 041

 東門の東側には木橋が復元されています。

 同年、8月に敢行された信州小県長窪遠征のメンバーにも、勝沼殿が参加しています。
 1550年、武田信玄が小県戸石城を責めた際、勝沼殿は、「甲府の陣で御留守居」を勤めたそうです。同年の深志侵攻には従軍しました。1553年の桔梗原の闘いにも従軍。

9111 042

 東側の掘も復元されています。

 武田信玄は快進撃を続け、信濃をほぼ手中に収めます。
 その過程で、信玄は戦功を上げた先方衆(後から家臣となった真田氏、小幡氏など)重用します。
 勝沼信元を始めとする親族衆は、心穏やかではなかったと推察します。

9111 043

 東の土橋上から、土塁を見上げました。

 勝沼氏の記録が無くなってから7年後1560年、越後の上杉謙信が関東管領として関東に出馬します。上州、武蔵の諸将は雪崩を打って謙信に馳せ参じます。八王子の大石氏、青梅の三田氏も謙信に降ります。信玄の元で冷遇されたと感じた勝沼信元は、謙信に通じます。郡内の小山田家は、家督継承の混乱の中にあったため、勝沼信元は、小山田氏を引き込んだ上での反乱を画策したと想像いたします。

9111 044

 勝沼氏館のすぐ南は、日川が洗っています。
 勝沼信元が謙信と通じた書面が見つかったため、信玄は信元を処断します。

9111 038

 信玄は,武田家内のイゾコザヲ収集すると、上杉謙信の背後を脅かし、北条家を救います。
 勝沼信元の反乱は、意味の無い事象の一つとして、歴史に忘れ去られてしまいました。

 勝沼信元にとっては、一世一代の賭けであったでしょうに・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」span>
 
 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード