FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県景徳院周辺 ~ 家臣達の最後

山梨県景徳院周辺 ~ 家臣達の最後

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成211月1日に、お城仲間のKさん&Mさんと景徳院に行ってきました。

栖雲寺アク

 山梨県甲州市大和町田野にあります。
 周辺には、武田家滅亡にかかわる様々な伝説が残されています・・・


9111 030

 武田勝頼が腹を切った、景徳院の地を見上げる場所に、鳥居畑古戦場があります。
 勝頼は、織田信長の軍勢に追われ、この地に落ちてきましたが、ついにここで追いつかれてしまいました。
 勝頼の手勢は100に満たず、織田軍の先鋒は4000・・・
 勝利の可能性は皆無でしたが、家臣たちは、勝頼切腹の時を稼ぐ為、ここに踏みとどまりました。
 そして、勝頼の最後を確認し、全員、帰らぬ人となったのでした。


9111 027

 景徳院の北方に「土屋惣蔵(昌恒)片手切り」の石碑があります。

 土屋昌恒は、長篠の闘いで戦死した武田家重臣「土屋昌次」の弟です。
 兄の死後、土屋家の跡を継ぎました。


9111 026

 山深く、急斜面の細い道で、土屋昌恒は、崖に落ちぬよう、片手はツルにつかまり、片手に太刀を携え、追っ手をなぎ払い、崖下へ蹴落とし、「片手千人切り」の伝説を残した後、勝頼とあの世へ旅立ったとのことです。

9111 004

 景徳院すぐ下には、このモニュメントがあります。
 勝頼の正室の侍女16名が、織田軍の辱めを受けぬようにと、この場所から川へ身を投げて自害したとのことです。

9111 006

 侍女達は姫ではナカッタノデスガ、地元の方々は、ここを「姫ヶ渕」と呼んだとのことです。

 昔の方々は、誇りを大切にされたのですね・・・

 今の時代に欠けていることかもしれません・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」



 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード