FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  神奈川県河村城③ ~ 信玄が避けた城

神奈川県河村城③ ~ 信玄が避けた城

 河村城の第三話です。

 鎌倉公方は、畠山国清亡き後の関東を掌握せんと、関東管領職を置き、そこに上杉憲顕を宛てます。上杉憲顕は、河村城に入ります。

カラープレビュー

 上杉氏は足利尊氏に反逆した過去があり、関東の武将達は「何故、反逆者に頭を下げねばならぬのか?」と反発を強めます。
 しかも、上杉氏は、税金を上げ、反発した武将の領地を取り上げ、没収した領地を部下や、親族に与える等の横暴を続けた為、反発は更に強まり、関東は二分、三分の内乱状態に突入していきます。

91017 050

 馬出郭の遺構は判然としません。

 関東の混乱に乗じて、北条家は領地を増やして行き、関東管領を追放し、関東の覇王となります。

 91017 057

 北郭から見た、西郭の塁壁です。ナカナカナな迫力ですね~。

 その北条氏の脅威となったのが武田信玄です。
 1568年、駿河領有をめぐって、武田と北条は対立!
 北条がその軍勢を駿河に集結させるのを見て、信玄は兵の薄くなった関東を席巻。
 北条氏の本拠、小田原城を囲みます。

91017 054

 北郭は細長い形です。

 信玄の目的は、駿河の兵を関東へ引き上げさせ、駿河を領有することにありました。
 北条に、「関東が危ない! 兵を戻さなければ!」と思わせればそれで充分でした。

91017 060

 本城郭と蔵郭の間には木橋が復元されています。

 信玄は、「目的は果たした。アトハ甲斐へ帰り、兵の薄くなった駿河を頂こう。さて、一番無難に帰ることが出来るルートは?」

91017 061

 蔵郭の先は、発掘調査と、保存工事が行われ、侵入不能でした。
 堀幅は、10メートルはあると思われ、大迫力です。
 工事終了が待ち遠しいですね・・・

 信玄の帰国ルートの一つとして、この河村城脇の街道も候補に上がりましたが、採用されず、信玄は三増峠を越えて帰国します。

 信玄は、河村城の堅固さを恐れ、この城の近くを通ることを避けたのではないでしょうか?

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード