FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  静岡県足柄城② ~ 小田原防衛最前線

静岡県足柄城② ~ 小田原防衛最前線

 足柄城の続きです・・・

91017 011

 階段を登りきると、そこは本郭でした。

 足柄城は、小田原北条氏の時代に、現在の姿となったとされています。
 初代、北条早雲は今川家の家臣で東駿河の興国寺城を治めていました。
 室町幕府にてクーデターが発生し、それに連動して伊豆の堀越公方家でもクーデターが・・・
 新しい将軍の母を殺して、堀越公方家を簒奪した茶々丸へ、新しい将軍が差し向けた刺客が、北条早雲でした。

 91017 012

 標高759メートルの山上にありながら、水の枯れない池がある・・・ 神秘ですね・・・

 1493年、北条早雲は、堀越御所を制圧するも、茶々丸をとり逃し(ワザと?)て、しまいます。
 (短期間に茶々丸を殺してしまえば、伊豆は幕府の手に戻る。ここは時間を稼いで・・・)
 数年の後に伊豆を平定した北条早雲は、幕府の混乱に乗じて、伊豆を私物化してしまいます。

91017 014

 本郭と二郭を隔てる堀です。
 扇谷上杉氏傘下の大森氏(小田原城主)が、扇谷上杉氏に背く事件が発生しました。
 早雲は、扇谷上杉氏の支援のもと小田原を奪取! 続いて三浦氏を滅ぼし、相模をほぼその手に治めます。

91017 017

 二郭です。

 その後、どのタイミングかは浅学で不明なのですが(北条早雲の死去でしょうか?)北条家は、東駿河を今川家に返却しています。
 その際に、この足柄城が、今川領と北条領の境となったと想像いたします。

asigara.png

 
 イメージ図を作成しました。基本は連続郭式の構造ですが、街道を巧みに取り込んでいます。

 1536年、今川義元が花倉の乱を制圧して今川家を相続すると、翌年、混乱に乗じた早雲の子、北条氏綱は、東駿河を制圧します。足柄城は最前線の任務から開放されました。

 しかし、氏綱の子、北条氏康が、山内上杉、扇谷上杉、古河公方連合軍の攻勢にさらされると、今川義元は、東駿河に出兵! 

 北条氏康は、泣く泣く東駿河を割譲して、今川義元と和睦。足柄城はマタマタ最前線の任につくこととなったのでした。

 武田信玄の攻勢に続く・・・ ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード