FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  新潟県与板城(2) ~ 景勝を支える

新潟県与板城(2) ~ 景勝を支える

与板城の続きです。

IMG_2773.jpg

   おせん清水付近から上を見上げました。あそこが実城のようです。

 謙信政権を支えた直江実綱ですが、男子が無く、娘のお舟にムコをとります。安心したのか直江実綱は亡くなります。

 翌年、上杉謙信が亡くなると、跡目をめぐって御館の乱が勃発します。

 直江のムコ殿は、上田長尾家出身の上杉景勝を推します。これに対し謙信の母の実家「古志長尾家」は反発し、上杉景虎を推します。

長岡市では、市の西側の与板城が景勝軍、東側の栖吉城・栃尾城が景虎軍とナリ、与板城の麓まで景虎軍が攻め寄せました。

IMG_2775.jpg

                 実城の下の郭に出ました。

 上杉景虎の実家、北条家や、武田勝頼を巻き込んだ御館の乱は、1579年上杉景勝が勝利します。

 直江家は、謙信政権樹立、景勝政権樹立、二代にわたる越後政権樹立の中心的役割を果たし、その発言力を増してゆくのです。

IMG_2776.jpg

                     実城の塁壁です。

 御館の乱終了後、景勝に味方したのに褒美が少ないと怒った毛利秀広が暴れ出し、それを止めようとした直江実綱(別名:景綱)のムコ殿は、惨殺され、お舟は未亡人となってしまうのでした。

IMG_2777.jpg

                 実城につきました。

 上杉景勝は、景勝政権樹立に大きな役割を果たした直江家が断絶するのを恐れ、執政の樋口与六と、未亡人お舟をメアワセ、ここに直江兼続が誕生しました。

image20569.jpg

 与板城は、城下町の住民をある程度匿える広さを持っています。

 越後を制した景勝と直江兼続でしたが、北信濃と上州は武田勝頼に進呈し、能登と西越中は織田信長にカスメトラレ・・・ 代償は大きなものとなりました。

IMG_2782.jpg

        実城から、図手前側にのびる郭を見下ろしました。

 景勝政権樹立から3年後の1582年、景勝の妻の実家、武田家が滅亡し、景勝と直江兼続は、大ピンチとなります。越中も信濃も上州も織田信長の領国となり、上杉は織田の大軍に囲まれることとなり、越後北部の新発田重家も反旗を翻したのです。

IMG_2778.jpg

 解説版には、直江兼続の築城と記されています。おかしいな~、お舟のお父さんか、おじいさんの築城のはずなのに・・・ 天地人が歴史を捻じ曲げた?

 上杉の大ピンチは、本能寺の変により、大逆転大チャンスに!

 織田信長頓死に動揺した織田家臣は信濃を支えきれず、景勝は義父謙信が喉から手が出るほど欲しかった、川中島を制圧します。

 謙信に加勢を頼み、川中島合戦の契機を創った信濃の村上義清は既にこの世には無く、景勝は村上義清の子の国清(景国)を、川中島の海津城へ入れました。

 泣けるハカライデス・・・

IMG_2779.jpg

            こういうの・・・ 好きです・・・

 しかし、一方越後北部の新発田重家の反乱は続いていました。新発田家は御館の乱で景勝に味方しました。しかし、新発田重家への恩賞はなく、領地は上田衆に与えられました。

 新発田重家の気持ちが判らなくは無い・・・ 直江兼続さん・・・

 細かい配慮が必要だったのでは?

IMG_2784.jpg

                 実城には土塁がめぐっています・・・

 千人溜まりへ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 


スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード