FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長野県牧之島城(2) ~ 上杉景勝侵攻

長野県牧之島城(2) ~ 上杉景勝侵攻

 牧之島城の続きです。

1018 072

 本丸です。 御殿を置くに充分な広さが確保されています。

 1582年に、武田家が滅亡するとこの地には、越後から上杉景勝が侵攻し、支配を固めます。

1018 075

 縄張り図が掲示されています。上の方の古図面では、丸馬出しが二つ並んでいます。

 1598年、上杉景勝は会津へ移封され、その後には徳川家康の六男、松平忠輝の家老が、牧之島城に入ります。
牧之島

 私は、自分のスケッチを元に・・・・

1018 071

 本丸から丸馬だしへと渡る木橋の上から堀を撮影しました。

1018 069

 丸馬だしから、木橋を振り返りました。

 ここで横浜ナンバーの車から降り立つ人に話しかけて見ました。
 「お城マニアの方ですか?」
 「神社マニアです。もう1週間泊りがけで神社を巡っています。」
 物好きな方もいるものです・・・

1018 068

 長野県の史跡に指定されているそうです。
 1616年、牧之島城は、一国一城の令により、廃城となりました。

1018 065
 
 丸馬だしと三日月堀のセットです。武田流の象徴的存在ですね・・・

1018 067
 
 丸馬出しの東側10数メートルにも、堀の跡が見て取れます。
 お見逃し無く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード