FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長野県松尾城(1)~ やたらな規模

長野県松尾城(1)~ やたらな規模

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年7月25日、お城仲間のMさんと、松尾城に行ってきました。

 

鈴岡城

 松尾城は、長野県飯田市毛賀にあります。

 

image4213196.jpg

 

 イメージ図を作成しました。沢に挟まれた台地を順次掘り切っています。

 

 右上から清書をはじめ、一杯やりながら・・・ 右下に行くとラインが雑になり・・・ 左側はグチャグチャに・・・

 

 清書はシラフノ時にするようにします。

 

 三の郭も、二の郭も高校が一つ入るくらいの広さがあります。

 

ina 052

 

         三の郭と二の郭を隔てる堀の北側部分です。

         

         右が三の郭、中央が堀、左側が二の郭です。

 

 松尾城は室町時代に、松尾小笠原氏により築城されたと想定されています。

 

 松尾小笠原氏と、鈴岡小笠原氏と、府中小笠原氏の抗争は、鈴岡城のレポートをご参照下さい。

 1554年、武田信玄は、松尾城主に小笠原信貴を据え、松尾小笠原氏を再興します。

 

 松尾城が現在のような大規模な城郭となったのは、この時代以降であると推察されます。

 

ina 054

 

 二の郭です。二の郭と本郭は「松尾鈴岡公園」として整備されています。

 

 小笠原信貴は、武田家重臣山県昌景配下の伊那先方衆に組み入れられ、100騎を与えられました。

 

 

ina 055

 

               解説版があります。

 

 武田軍団は、ここ伊那を経由して遠江・三河への出兵を繰り返します。

 

 松尾城は、武田軍の兵站基地として使用されたことでしょう。

 

ina 057

 

        二の郭と本郭を隔てる堀の南側の写真です。

 

 1573年に武田信玄が亡くなると、武田勝頼が跡を継ぎます。

 

ina 058

 

          本郭には、巨大な石碑が鎮座しています。

 

 しかし、武田勝頼は、1575年、長篠の戦いにて惨敗し、武田家は衰退の道をたどります。

 

ina 059

 

 本郭背後の竪堀「大洞」は、何コレ!? としか言えない様な大規模なもので、同行のMさんと、思わず笑ってしまった程です。一見の価値アリ!

 

 1582年、織田信長軍は、伊那へ侵攻を開始します。

 

ina 060

 

     本郭背後の堀切です。ここから「大洞」へとツナガッテイマス。

 

 その頃、小笠原松尾氏の棟梁は、信貴から、信嶺へ代替わりしていました。

 

 小笠原信嶺の動員兵力は多く見積もっても500。しかも、松尾城は兵站基地として武田遠征軍を収容する為やたら広く、500の兵では・・・

 

 しかも、織田軍は数万・・・

 

 どうする? 小笠原信嶺・・・

 

 後半へ続く・・・

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード