HOME   »  中世城郭  »  埼玉県難波田城(2) ~ 忠臣の非業な最後

埼玉県難波田城(2) ~ 忠臣の非業な最後

 難波田城の続きです・・・

IMG_3186.jpg
 
 馬出しが復元されています。

 さて、何とか松山城を死守した難波田膳銀は、扇谷上杉家復興の為、奔走します。
 長年争いを続けていた、関東管領山内上杉氏に頭を下げ、その傘下となり、川越城奪回の兵を上げてもらったのです。

nanbata.jpg

 公園化されているのは、オレンジで囲ってある部分で、残念ながら本郭は、宅地化により破壊されてしまいました。

 北条氏康に奪われた川越城を奪回せんと、1545年、関東管領山内上杉憲正は北関東の諸将に号令し、6万の兵で川越城を包囲します。扇谷上杉軍も当然、包囲に加わりました。

IMG_3189.jpg

 主郭のあった場所には、残存土塁と妄想したくなるような土の盛り上がりが残っています。

 難波田膳銀は、更に、北条氏康と縁続きで歩調をあわせていた古河公方にも接近します。

 膳銀は、古河城に乗り込み公方を説得します。

 「元々、関東管領は公方の家臣です。過去には何かとございましたが、今からは忠勤を励みます。北条氏康が縁者なので可哀想に思われるのは当然ですが、北条家は元々公方の土地であった伊豆、相模、武蔵を簒奪しました。この勢いのまま、公方を滅ぼそうとタクランデイルノデス。一緒に北条氏康を倒して、関東に安寧の世を築きましょう。」

IMG_3188.jpg

 天神郭があった場所にも、住宅が・・・ カカシが良い味を出しています・・・

 古河公方は、説得に応じ、2万の兵を出し、川越城を包囲する兵は総勢8万となります。川越城の守兵は3千・・・

 膳銀は思ったことでしょう。「川越城奪還はもう確実だ・・・」

IMG_3190.jpg

 写真、右奥の方の盛り上がりが帯郭の跡・・・ と、妄想は膨らんでいきます。

 翌1546年、北条氏康は8千の兵で、8万の兵に夜襲をかけ・・・

 包囲軍は大敗北・・・ 扇谷上杉定正と難波田膳銀は、討ち死に・・・

 室町期から関東に覇を称えた扇谷上杉家は、滅亡してしまうのでした。

 ホームページ「土の城への衝動」


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード