FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長野県鈴岡城(2) ~ 半囲郭式縄張り

長野県鈴岡城(2) ~ 半囲郭式縄張り

 鈴岡城の続きです・・・

 府中小笠原氏は、松尾城を攻め落城させます。

 

ina 044

 

                解説版があります。

 

 松尾小笠原氏は甲斐へ逃れます・・・ これが、あとでヒビイテ来るのです。

 

 府中小笠原氏は、自らが信濃守護となるとともに、それを補佐させるべく、鈴岡小笠原氏を再興させます。

 

ina 046

 

            主郭から伊那盆地を眺めます。

 

 松岡小笠原氏は、甲斐で武田家の庇護を受ける事となりました。

 

 鈴岡城に平穏の日々が・・・

 

ina 047

 

          主郭の奥には、出郭があります。

 

  主郭よりも高い位置にあり、実質的には詰めの郭だったと推察します。

 

 戦国期に入り、甲斐では武田信玄が家督を継ぎ、信濃制圧の戦を始め、1542年には、諏訪を掌握します。

 

ina 048

 

          出郭には、木が植えられていました。

 

 武田信玄は、松尾小笠原氏に「貴殿を故郷に帰して進ぜよう」とささやいたはずです。

 

 信玄はこの手が得意ですね・・・ 小県の真田氏も、上州の小幡氏も、新田氏もそうですね・・・

 

ina 049

 

 1548年、小笠原連合軍は、塩尻峠にて武田軍に惨敗し、急速にその勢力を衰えさせます。

 

image9195773.jpg

 イメージ図です北と東を断崖に囲まれ、主郭を中心に半囲郭式の縄張りとなっています。 

 

 武田信玄は、1549年には、上伊那を制圧し、下伊那の鈴岡城は風前のトモシビ・・・

 

ina 050

 

         出郭の先端には、お茶目な東屋が・・・

 

 1554年、信玄は満を持して、下伊那へ出兵、先頭には松岡小笠原氏の子孫、信貴を押したてます。

 

ina 051

 

      出郭から、松岡城を眺めました。本当に目と鼻の先です。

 

 圧倒的な勢力差に、鈴岡城は落城し、鈴岡小笠原氏は京へ逃れました。

 

 信玄は、信貴を松尾城主に据え、松尾小笠原氏を再興させます。

 

 室町時代、信濃の府城であった鈴岡城は、松岡城の支城へと転落し、戦国の終焉と共に廃城となったのでした。

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード