FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  長野県・砦山城 ~ ミステリーの数々

長野県・砦山城 ~ ミステリーの数々

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成21年9月18日に、砦山城に行ってきました。

大岡アク

 砦山城は、長野県長野市の南西部、大岡地区、大岡小学校の南約500メートル。天宗寺のすぐ西に、あります。

 学研の「戦国の堅城Ⅱ」に、郭が削平されていない「異形の城」として紹介されていたので、行って見ました。
 この城に関する明確な、記録は残っていないようです。
torideyama.jpg
 まじめに現地でお絵かきをしました。戦国の堅城Ⅱ掲載の縄張り図と微妙に異なります。

 現地を訪れて、感じたのは「何だこれは?! 矛盾だらけー!」

 方形の郭がひとつ、堀幅は狭く2メートル強、この造りは、鎌倉時代平地に作られた「方形館」そのものです。

 しかし、選地は平地ではなく、山上の崖端。

 崖端にありながら郭は崖に頼っていない。セオリー無視!

 しかも、三日月掘と丸馬出しまであります。丸馬出しは武田信玄の中期以降に出現します。その時期は鉄砲が伝来し、堀幅は4メートル以上とる様になってきています。大いなる矛盾です。

1018 035

 図、手前の堀に折りがつけられている箇所です。

 掘幅も構造も、戦国期の攻防に耐えられる代物では御座いません。

 1018 037
 
 郭内です。左奥の方が高くなっている。削平されていないことが見て取れます。

 削平していない。建物を建てるつもりが無かった。もしくは、削平前に工事が中止されたかだと思われます。

1018 040

 北から見上げた砦山城です。

 明治時代に、城好きの和尚さんがミニチュア城郭を造って、悦に入っていたなんて可能性も否定できない?・・・

 皆さんもご覧になって、頭を悩ましてみては如何でしょうか?

 ホームページ 「土の城への衝動」

 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード