FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県・勝山城(1) ~ 武田信虎に叛く

山梨県・勝山城(1) ~ 武田信虎に叛く

みなさん、こんにちは。
中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の菅原です。

勝山アク

平成21年9月6日、勝山城に行ってきました。
勝山 003
 勝山城は、山梨県都留市の中心部にある「谷村第一小学校」の北西約300メートルにあります。戦国時代初期の1532年に、甲斐の国東部を治めた小山田氏により、構築されたと考えられています。
勝山 004
 富士急行「谷村町駅」に向かって左側の道を進み、桂川にかかる橋を渡ります。小山田氏は、この駅のあたりに谷村館を築き、勝山城を詰めの城としました。
勝山 007
 右が城下町の方向、中央が桂川、左側が勝山城のある岸です。桂川は勝山城の第一の防御線です。

勝山 006

 勝山城側の岸は、この様に切り立っていて、敵の侵入を拒みます。
 武田信玄のお父さん、信虎が14歳で家督を継ぐと、信虎を若年と侮った小山田氏は、北条早雲と内通し、信虎に叛きます。

katuyama.jpg

 イメージ図を作成しました。敵が街道を通って進軍してくると、対岸に着きます。城方は、橋を落として、桂川を天然の堀として防御します。敵が川を渡ることが出来ても、大堀にさえぎられた狭い空間に入らざるを得ません。周囲の山々に伏兵を配置しておけば、敵兵は袋のねずみです。敵兵は本格的な城攻めを始める前に、周囲の山々の掃討作戦に取り掛からなくてはなりません。

 おおほりへ続く・・・

 ホームページ「土の城への衝動」

スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード