FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県仙人窟陣城① ~ 真田信行着陣!

群馬県仙人窟陣城① ~ 真田信行着陣!

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年5月31日に、仙人窟陣城に行ってきました。

 

 仙人窟陣城は、群馬県東吾妻町大戸関所跡のすぐ北にあります。

 

IMG_2161.jpg

 

 高崎から草津へ抜ける「草津街道」が、中之条への道と分岐する地点にあります。

 

IMG_2137.jpg

 

        先程の関所から車で1分程でこの表示が現れます。

 

 戦国後期、この地は武田領でしたが、武田家は滅亡し、この地へ進出した織田家も、当主の信長が死亡してしまいます。

 

 この地を治めていた大戸氏は真田昌幸についていました。

 

IMG_2140.jpg

 

      登り口です、行ってみましょう! 最近よく映りますね・・・ 

 

 北条氏直はこれを期に真田領を蚕食しようと企て、北条勢3000は、草津街道を北上し、大戸真楽斎は、関所南方約10キロメートルの三ノ倉城で北条を迎撃します。

 

IMG_2142.jpg

 

 少し登ってから見おろしました。道の両脇に何段かの削平が施され、防御設備となっていたことがわかります。

 

 大戸真楽斎は、三ノ倉城で奮戦するも多勢に無勢、一旦、三ノ倉城を捨て、大戸関所近くの手子丸城で、体制を整える事としました。

 

IMG_2143.jpg

 

        更に登っていくと、洞窟らしきものが見えます。

 

 

 手子丸城は、要害の山城ですが、大戸真楽斎の手勢は、150位ではなかったのでしょうか?

IMG_2144.jpg  洞窟に到着しました。 IMG_2146.jpg

 

                解説版もあります。

 

 大戸真楽斎は、3日間、手子丸城を支えましたが、最後は壮絶な討ち死にをとげ、手子丸城は、北条の手に落ちたのでした。

 

 真田昌幸は、嫡子信行に8百の兵を与え、手子丸城奪還を指示します。

 

 真田信行は、ここ仙人窟へ着陣・・・

 

 後半へ続く・・・

 

 

 ホームページ 「土の城への衝動」

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード