FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  静岡県久能山城① ~ 勘助井戸の謎

静岡県久能山城① ~ 勘助井戸の謎

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年4月25日、お城仲間のMさんと久能山城に行ってきました。

 

久能アク

 久能山城は、静岡県静岡市根小屋にあります。

 久能山東照宮として、地図に載っています。


IMG_1990.jpg

 麓から石段を登るルートもあるのですが、この日は日本平からロープウエイに乗りました。

 

 山頂は郭があったという説と、物見だったという説があります。

 

IMG_1991.jpg

 

 近づいてきました。登るのが不可能な崖に囲まれていることが解ります。

 

 1536年におきた「花倉の乱」で、反義元派が久能山に依った記録が在りますので、その頃には何らかの施設が構築されていたことと思われます。

 

IMG_2001.jpg

      久能山からの展望は素晴らしく、伊豆半島まで見渡せます。

 

 本格的な築城は、武田信玄が駿河に入ってから行われたようです。

 

IMG_2007.jpg

        久能山城の入り口があったと思われる場所です。


 武田家が滅び、徳川家康が幕府を開き、そして亡くなると、家康の遺体は久能山に収容され、後に日光へと移されました。現在、久能山に残る遺構は、江戸時代の徳川幕府による久能山東照宮造営によるものです。

IMG_2006.jpg

 門跡から南側を見おろすと・・・ 石段が幾重にも・・・・ ロープウエイにしておいて良かった・・・

 

IMG_2005.jpg

 門越しの駿河湾です。特に意味は無いのですが・・・ 海がきれいだなと・・

 

 

IMG_2004.jpg

 
江戸時代の門番が居た場所とのことです。
 

 

IMG_2003.jpg

 

     この小さな枡形小口の上に「勘介井戸郭」があります。

 

 

IMG_1998.jpg

 そして山本勘介が、名付けたとされる「勘介井戸」が・・・

 

 通説によると山本勘介は、1561年、第四次川中島合戦で死亡したこととなっています。

 

 信玄の駿河侵攻は7年後の1568年ですから、勘介が云々というのは通説に合いません。

 

 私見ですが、通説の論拠となる甲陽軍鑑の川中島合戦はいい加減な記述が多いので、山本勘介は、川中島で死んだのではなく、その後も生きていたのだと思います。

 

 そして、この地に立っていた・・・

(平成22年1月10日、追記。その後、川中島合戦以降に、発給された山本勘介宛ての書状が発見されたとの報道がなされました。)

 

 後半へ続く・・・・

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード