FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  静岡県花倉城② ~ 今川義元勝つ!

静岡県花倉城② ~ 今川義元勝つ!

 花倉城の続きです。

 

IMG_1773.jpg

            二の丸と西の丸の間の空堀です。

 

 太源崇俘雪斎は、甲斐の武田信虎を味方に引き入れる為、信虎の子、信玄へ公家の娘を娶らせる根回しをしたとされています。

 

IMG_1775.jpg

                          西の丸です。

 

 伊豆の北条氏は、元々今川家から出たので、味方に引き入れるのにさして難儀はしなかったことでしょう。

 

IMG_1774.jpg

       二の丸から見た、本丸の塁壁です。手前に堀もあります。

 

  義元派は、花倉城を攻囲します。軍勢は1万を越えていたと思われます。

 

IMG_1770.jpg

        本丸です。50人篭れるか? と、思われる狭さです。

 

 本丸、二の丸、西郭を合わせても、篭れる人数は150人程度でしょうか?

 

 福島一族がいくら追い詰められていようとも、少なくとも1000人は、いたと推察します。

 

 本城域に1000人は篭れません。

 

2.jpg

 イメージ図を作成しました。

 

 本城域は詰めの城であり、駐屯地は手前の台地上にあった!(妄想です)

 

IMG_1779.jpg

               イメージ図と同じ角度からの写真です。

 

 左奥が本城域、中央から右にかけてが下城。下城も急崖に囲まれて、要害性が高いのがお分かりいただけるかと。

IMG_1778.jpg

   下城はお茶畑になっています。この広さなら1000人駐屯できます。

 

 6月10日、花倉城は落城し、玄広恵探は自刃。福島一族は駿河、遠江から一掃されてしまいます。

 

 ここに今川家第12代当主、今川義元が誕生しました。

IMG_1776.jpg

           西の丸から、南側の景色を撮影しました。

 

 この山々にヒシメク・・・ 万の敵勢を・・・

 

 玄広恵探はどの様な気持ちで眺めていたのでしょうか?

 

 僧侶で終わるはずのわが人生・・・ 

 

 ひと時なりとも一軍の将となれ、悔いはなかった・・・

 

 それとも・・・

 

 ホームページ 「土の城への衝動」 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード