FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  新潟県与板城(3) ~ 直江兼続居城

新潟県与板城(3) ~ 直江兼続居城

与板城の続きです・・・

 

IMG_2783.jpg

 

                実城背後の堀切です。

 

 ホトンドの観光客は、実城を見て帰ってしまいますが、私たちのような物好きにも配慮して、歩道を整備して下さっています。

 

IMG_2785.jpg

 

            堀底には「堀切」の表示が・・・

 

 織田信長の死亡で窮地を脱し、信濃川中島を併呑した直江兼続と上杉景勝は、豊臣秀吉と結び、上杉家の磐石を期します。

 

image20569.jpg

 

 1585年、川中島のスグ南の小大名、真田昌幸(真田幸村のお父さん)が、上杉家の傘下へ入ることを願い出てきます。

 

 真田昌幸は「沢山の領地をあげるから・・・」との、徳川家康の誘いに乗り、その傘下に入っていたのですが、逆に領地を減らすといわれ、ブチキレたのです。

 

IMG_2786.jpg

 

         二の丸です。歩道はあるものの・・・

 

 上杉景勝は、真田昌幸の要望を聞き入れ、昌幸は人質として真田幸村を差し出します。

 

 真田の裏切りに怒った徳川家康は、7千の兵を真田の本拠、上田城へ派遣します。

 

 対する真田は、住民を入れて2千、しかし、謀将真田昌幸にとっては、背後の上杉が敵ではないことだけで充分と考えていました。

 

IMG_2787.jpg

 

 二の丸と三の丸を隔てる堀は大変浅く、二つの郭は一体の機能を有していたと想像します。

 

 真田昌幸は、本拠の上田城に籠ります。そして、偽りの敗戦を装い、徳川軍を本丸へ引き寄せると、伏兵に背後を突かせ、城下に火を放ち、徳川軍を撃退します。

 

 徳川軍のウロタエヨウハ「下戸に酒を強いたる如し」だったとのことです。

 

IMG_2790.jpg

 

         三の丸背後の堀は、なかなかのものです。

 

 家康が豊臣秀吉に屈し、真田騒動も納まると、秀吉に逆らうのは、北条氏直と伊達政宗だけとなります。

 

 1590年秀吉は、北条征伐を敢行します。

 

IMG_2793.jpg

 

                  大壕です。

 

 上杉景勝、直江兼続は、前田利家、真田昌幸らと共に、碓氷峠を越え、北条の領国に乱入、松井田城、八王子城などを次々に落城させます。

 

 義父、上杉謙信が果たせなかった関東平定を豊臣秀吉が成し遂げる・・・

 

 上杉景勝の心境は複雑なものだったことでしょう。

 

IMG_2794.jpg

 

       大壕の底から、急斜面を登っていきます。日没が近い・・・

 

 北条氏を攻め滅ぼし、天下を統一した豊臣秀吉は、1592年朝鮮遠征を企画、上杉景勝は海を渡り、朝鮮を転戦します。

 

IMG_2797.jpg

 

       登りきる直前、右側から壕が食い込んできました。

 

 豊臣秀吉は、上杉景勝の忠勤を称え、五大老に任じ、会津への転封を命じます。

 

 室町以来、越後を領した上杉家は、越後と離れなくてはなりませんでした。

 

IMG_2795.jpg

 

             千人溜まりに着きました。

 

 実城の攻防に影響を及ぼさない立地ですので、城下の人々の避難場所ではないかと想像します。

 

 上杉家の会津転封により、与板城は、廃城となりました。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード