FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  静岡県滝ノ谷の城山 ~ 明るい農村

静岡県滝ノ谷の城山 ~ 明るい農村

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年4月11日に、滝ノ谷の城山に行ってきました。

 

 滝ノ谷の城山は、静岡県掛川市上西郷にあります。

 JR掛川駅から、県道39号線を5キロ程北上すると、滝の谷バス停と法泉寺温泉バス停の中間、県道の東側にあります。

 

IMG_1727.jpg

                  県道脇に、この看板があります。

 

       「春は桜、秋はもみじ 城山登り口」何城かは書いてありません。

 

 看板の手前には駐車スペースがあり、ホンダ・シビック・ハイブリッドを停めて歩き出します。

 

IMG_1728.jpg

                   どうもここが登り口のようです。

 

             タンポポが咲く、のどかな道を登っていきます。

 

IMG_1729.jpg

        登り始めるとすぐに、段郭か?・・・と、妄想できなくもない地形が・・・

 

 日当たりの良い斜面では、段々畑だったのか? 段郭だったのか? ・・・判断に困る地形がある場合が多いです。

 

IMG_1730.jpg

         ここなどは郭だとしたら、200人くらい篭れそうな面積があります。

 

                     看板の通り、桜が美しい! 

 

IMG_1733.jpg

           手前が堀、正面が塁壁と推察される地形です。

 

IMG_1731.jpg

      頂上です。削平されています。本郭でしょうか? 200人くらい篭れそうです。

 

           解説版や、城址碑などは見当たりませんね・・・

 

IMG_1732.jpg

       本郭とおぼしき場所を通り過ぎると一段下がって削平地がありました。

 

 写真は撮りませんでしたが、更に更に下がった場所にも削平地があり、城跡であることは間違いないようです。

 

 

takinotani.jpg

 イメージ図を作成しました。

 

 左下の段々は、郭かどうか判断に苦しみましたが・・・ 一応描きこんでみました。

 

 この城の名前を記すものが現地には何も無かったのでフモトヲ流れる川の名前をとって、「滝ノ谷の城山」と呼ばせて頂きます。

 

 細尾根を利用した単純な創りは、室町から戦国初期の築城を思わせます。多分この地の土豪が築き、有事には村民を収容した、村の城であったのではないかと推察します。

 

IMG_1734.jpg

      主郭の遠景です。この城山を登るのはやはり桜の季節がオススメです。

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード