FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  東京都加藤塚 ~ 武田家臣の悲劇

東京都加藤塚 ~ 武田家臣の悲劇

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年4月某日に、加藤塚に行ってきました。

 

加藤塚アク

 加藤塚は、東京都瑞穂町にあります。

 新青梅街道と都道166号の交わる地点の、北西です。

 

IMG_1555.jpg

 都道沿いにこの看板があります。

 

 城跡ではありませんが、戦国期の物語が残っているということで行って見ました。

 

IMG_1556.jpg

 神社のはじに、この掲示板があります。

 

 1582年、甲斐の武田家が滅亡します。

 

 同地を占領した織田信長は、武田家臣をしらみつぶしに探し出し、片っ端から首を刎ねてゆきました。

 

 武田家臣であった加藤丹波守は妻子と郎党を連れ、信長の魔手から逃れ、この地へと彷徨い出でたのでした。

 

 しかし、北条の家臣でこの地を治めていた村山土佐守は、一行の土着を認めず、落ち武者狩りの対象としてしまったのでした。

 

 多勢に無勢で加藤一行は全滅!

 

 村民は、一行を哀れみ、直径11メートル、高さ1,5メートルの塚を築き亡骸を葬ったとのことです。

IMG_1557.jpg

 近世になり、塚は崩され、墓碑が置かれたとのことです。

 

 切ない話やナ~

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Re: 塚を崩すなんて…
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 境目領主は双方とつながっていたはずなのに、北条さんは容赦しなかったんですね。
 最近、道路拡張工事があり、レポート発信時よりもセットバックされています。
塚を崩すなんて…
今の実家を治めた武将ということで、親近感があります。三増峠では、内藤氏が小幡と示し合わせた可能性もあるくらいなのに、上野原一帯という緩衝地帯の将の最期としては悲しい限りです。小山田の歴史も影響し、今でも甲府と旧郡内は仲があまりよくないとか?多分東京まで通勤圏だから、地元より東京を見ているという感情の様に思えますが。伝承以上の記録はないのでしょいかね。安らかに眠っていただきたいです。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード