FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  池ノ端城 ~ 鴨之介脱出

池ノ端城 ~ 鴨之介脱出



 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五頓です。
 2020年8月29日には、池ノ端城に行って参りました。

新発田アク

 新潟県新発田市池ノ端にあります。

 新発田城の支城でした。

池ノ端縄張り

 図説・中世の越後によりますと、集落全体が城域だったということです。

 南だけ地続きで他は低湿地に囲まれていたことが、現在の航空写真から見て取れます。

 図説・中世の越後掲載図面から、本郭周辺の堀を記入してみました。

池ノ端IMG_8372

 本郭南東の堀跡です。

 本郭は写真の右方向です。

池ノ端IMG_8373

 本郭南西の堀跡です。

池ノ端IMG_8375

 本郭西南の堀跡。

池ノ端IMG_8377

 その北側にある土橋です。

 奥が本郭です。

 本郭の踏査は自粛いたしました。

池ノ端IMG_8378

 本郭西北の堀跡。

池ノ端IMG_8380

 本郭北側の堀は、舗装路になっていました。

池ノ端IMG_8382

 本郭東側の堀跡です。

 1581年、新発田重家は、上杉景勝からの自立を目指し、挙兵しました。

 池ノ端城は、新発田氏の有力支城としての役割を担います。

 しかし、1587年、上杉景勝は大軍をもって新発田領へ侵攻します。

 同年、10月13日、五十公野城が落城。

 10月25日、本城の新発田城が落城するも、池ノ端城を任された池ノ端鴨之介は降伏しませんでした。

 上杉の兵が池ノ端城を囲む中、池ノ端鴨之は攻囲を突破し、何処かへ落ちていったということです。

 10月29日のことでした。

 上杉兵も、大勢が決した後に、無駄な損害を出したくなかったため、わざと退路を開けたことでしょう。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「新潟の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード