FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  静岡県千福城② ~ 御宿正倫・大阪夏の陣に散る

静岡県千福城② ~ 御宿正倫・大阪夏の陣に散る

 千福城の続きです。

 倒木軍と、藪ヤブ軍との戦いを制した私は終に、主郭へと到達したのでした。

 

IMG_1335.jpg

                篭れる人数は200人程度でしょうか?

 

 和尚さん! 木を切り、ヤブを刈り、遊歩道をつけ、千福城の碑を設置してはいかがでしょうか?

 

m_20100130150936.jpg IMG_1334.jpg

              主郭から二郭を見おろしました。

 

IMG_1336.jpg

                  本郭と出丸を隔てる堀です。

 

      カナリノ比高があり、この方面からの攻撃は難しかったことでしょう。

 

    武田家が滅ぶと宗家の葛山家は滅亡しますが、御宿家は徳川に仕えて存続します。

 

IMG_1339.jpg

大堀から三の郭の塁壁を見ました。
 
徳川家康が豊臣秀吉に忍従すると、豊臣秀吉は小田原北条家倒滅の兵を挙げます。

IMG_1342.jpg

三の郭です。
 
西国から幾万の兵が北条の領地を目指し、この地に殺到したのです。
 
私見では、千福城はこの時に、駐屯基地の役割を果たす為に、拡充されたのだと思います。

 

IMG_1340.jpg

             大堀の南側の郭です。(イメージ図では手前側)

 

         石積みが残っており、居館部分かもしれないと思いました。

 

 日本城郭体系によると、御宿正倫はその後、松平忠直に仕えたそうですが、どういう訳か、次に豊臣秀頼(秀吉のアトヅギ)に仕えたとのことです。

 

IMG_1345.jpg

南側から千福城を見た写真です。

 

 豊臣家滅亡の戦となった大阪夏の陣で、御宿正倫は、真田幸村の陣営に加わり、華々しい最後を遂げたとのことです。

 

 その時、御宿正倫の脳裏には、駿河の風景がよぎったのでしょうか?

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード