FC2ブログ
HOME   »  史跡  »  堀兼神社(2) ~ 新田義貞陣

堀兼神社(2) ~ 新田義貞陣


 堀兼神社の最終話です。

堀金神社IMG_7850

 髄身門があります。

 狭山市内唯一のものであり、江戸時代の建造物と推察されています。

堀金神社IMG_7849

 こちらですね。

堀金神社IMG_7851

 右の木像。

堀金神社IMG_7852

 左の木像です。

堀金神社IMG_7853

 このあたりは平地です。

 この高まりは、人間が土を積み上げたものと推察いたします。

堀金神社IMG_7854

 本殿です。 

堀金神社IMG_7855

 江戸時代に再建され、厨子が納められたということです。

*堀兼の地で忘れてはならないことがあります。

 1333年、新田義貞は鎌倉幕府打倒の兵をあげ、群馬県から鎌倉へ向けて南下します。

 5月14日には、分倍河原で幕府軍と衝突しました。

 敗勢となった、新田義貞は堀兼の地まで兵を引き、陣容を立て直します。

 また、倒幕に賛同する豪族が多く合流してきました。

 新田義貞が、その後幕府軍を蹴散らし、鎌倉へ攻め入り、幕府を滅亡させたのは皆様の知るところです。

 新田義貞が、軍容の立て直しに思案しながら、堀兼の井の水を飲んだかもしれないと妄想するのも歴史の楽しみ方の一つではないでしょうか?


堀金神社IMG_7860

 境内のご神木の下の方。

堀金神社IMG_7861

 上の方の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード